· 

捻挫と転倒防止のためのセルフケア 起き上がるときの注意点

池袋整体ゆっくりがおすすめの捻挫と転倒防止のセルフケア

2020年 5月

 

こんにちは。

豊島区にある池袋整体ゆっくりのまつもとです。

 

 

夜中に目覚めてトイレに行くとき。朝布団から起き上がるとき。

そのまま起きて歩き出しても問題ない人もいますが、以下の場合は注意が必要です。

 

  • 血圧が低い方
  • 自律神経のリズムが乱れている方
  • 膝や腰に症状があってバランスが崩れている方など

 

寝ていた状態から起き上がるときに、うまく頭のほうに血液が送られないと「フラッ」とすることがあります。

また動きにくい膝や足首や腰をかばったりすると、立ったときのバランスが不安定になることも。

 

とくに睡眠中は寝返りはうつものの、身体運動は制限されています。

体温も低い状態であるために、日中に比べて動きは鈍くなっているのが特徴です。

 

 

 

目覚めたときカラダはまだきちんと起きていません。

 

そのまますぐに動こうとすると感覚と動きの足並みがそろわず、足をついたときに捻挫したり、転んだり、階段でよろけたりすることがあります。

 

そういったことを減らすために、起きるまえに布団のなかでできるおすすめなセルフケアをご紹介します。

 

  • 手足の指を握ったり開いたりしてグーパーをゆっくり繰り返す (手足に神経の命令を伝える)
  • 仰向けのまま両膝を曲げて、足裏で布団を軽く押しつける (足裏で地面を感じる)

 

 

特に脳から1番遠いところにある足に命令を送って動きの確認をする=つながりをつくることが大切です。

 

 

それと起きるときには、腹筋だけで上体を起こさないこと。

横向きから、腕の力も使ってゆっくりと起こしていくのがコツです。

 

 

怪我をしてからでは回復が遅くなります。

今だと治療をすぐに受けられないリスクや、受けられても人がたくさんいる場所へ行くリスクが出てきます。

 

 

現状のように、不安や恐れがあるなかでは神経が必要以上に高ぶり休まらなくなる。

リラックスさせようと食べたり飲んだりする量が増えて、気づかないうちにエネルギーが消費されていく。

 

睡眠が浅くなり、十分に回復できないまま次の日を迎えることも増えていくと思われます。

 

 

免疫を高めるためには、眠りの質や時間をしっかりさせることが重要です。

そのためには不必要な怪我を起こさないことも大事になります。

 

ほんの少しの時間のセルフケアでかまいません。

夜中に起きたときに捻挫しそうになったり、よろけたりしたことがある方は、これからも同じことが起きる可能性があります。

 

「たまたま」「うっかりしてた」「次は気をつけよう」で済むときに、ふだんの行動を変えていけるなら賢い人なのでしょう。

自分がそそっかしい部分があるので、そうあれるように心がけています。

 

 

それでは今日も平穏な1日でありますように