足の捻挫(ねんざ)・昔の怪我や古傷の後遺症

池袋整体ゆっくり 足の捻挫や古傷・怪我の後遺症 

 

2019年 4月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

 

 

今回は治ったと思っている昔の怪我や捻挫は、いまの身体の症状につながっていることがありますよという内容です。

 

先日ご新規のお客様とのやりとりで足首の捻挫の話になりました。

 

1番辛い症状は別なのですが、足首の動きや状態に明らかな左右差がみられたので、「こっちの足首捻挫したり、ケガなどしたことありませんか?」と声をかけました。

 

すると「なんでわかったんですか?」「実は〇年前に捻挫して整形外科行かずにそのままにしちゃいました」とのこと。

今まで行った整体院などではそのことは聞かれなかったようです。

 

この方の1番気になっている症状と昔の捻挫の関係の状態を数値化するのは難しいのですが、足首の状態をみる限りでは影響はあると思われます。

 

アナトミートレイン筋膜のつながりを示した画像
図は『アナトミー・トレイン第2版ー徒手運動療法のための筋筋膜経線』より引用

 

筋膜のつながりを表現した「アナトミートレイン」という考え方だと、身体の後ろ側の筋膜は足裏からはじまりアキレス腱からふくらはぎへ。

さらにハムストリング(太ももの裏)から骨盤を通り、背中を頭に向かっていき首と後頭部を通っておでこでとまる。

 

ほかに前や横の筋膜のつながりも足首と関係してきます。

土台となる足というのは、膝痛や脛の痛みだけでなく股関節や腰、背中、肩や首へと影響を与える部位なのです。

 

 

捻挫のあとで腫れがおさまり、痛みも和らぐと治ったと思いやすいですが、元通りとはいきません。

 

捻挫は軽度から重度まで症状がいろいろですが、骨をつなぎとめて関節を安定させる働きの靭帯が伸ばされると関節はグラグラとゆるくなります。

 

また足にある小さな骨(足根骨)やカカトの骨(踵骨)のバランスが崩れて固まることで、わずかに動くところが動かなくなったりして不具合が出たりすることがあります。

 

怪我したことを頭では忘れていても、カラダに入った衝撃やバランスの崩れは時間が経っても残っていたりするからです。

 

 

自転車に例えてみます。

 

走っていてガードレールに前輪を強くぶつけるとタイヤはパンクしなくても、ハンドルが微妙に左か右に曲がることがあります。

パンクはしなくても、ブレーキパッド(ブレーキをかけるための部品)も曲がったりすることも。

 

はじめは違和感や操作のしにくさがあるでしょう。

それでも少し傾いたハンドルの自転車でもバランスを取れるのが上手になり、ぶつける前の自転車と同じように運転できたりします。

 

良くも悪くもカラダはその状態に慣れていくのが厄介なところです。

しばらくすると前輪をぶつけたことなど忘れるかもしれません。

 

この場合ふつうに運転できるから自転車に問題がないかといえば、あります。

 

歪みのない自転車に比べると、左右差があるためにカーブしやすいほうとしにくいほうが出てきます。

まっすぐ進むのにも曲がったハンドルを微調整する必要があり、余計なエネルギーが必要になります。

 

長く乗っていると肩や腰が重くなってくることもあるかもしれません。

 

 

乗れるけれど、ベストではないのです。

曲がったハンドルを直すか、買い直すのがベスト。

 

施術でいうなら捻挫の後遺症で動きにくくなっていたり固まっている足首部分を整えることにあたります。

 

放っておいた古傷を整えることで、身体の使い方が変わっていく方をこれまで何人もみてきました。

足が動きやすくなることで、腰や肩がラクになっていく方も然り。

 

たかが昔の怪我と侮るなかれ。

その怪我が今の身体につながっていたりするのですから。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように