池袋の整体 坐骨神経痛・骨盤矯正・足のしびれ

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

 

太ももの裏側を走る坐骨神経が圧迫されたり、傷つくことで痛みが出るものをいいます。

痛みの出やすい部位は、おしりや太ももの前側や裏側・脛からふくらはぎにかけてが多いです。

 

おしりや太ももが硬くなりやすいですが、固まる理由があって固まっているのでそこだけをほぐしたり緩めようとしても難しいことがあります。

 

緊張し、固めようとする脳からの反応がだんだんと収まるように、カラダに安心感・安全感を感じてもらえるようにすることも池袋整体ゆっくりが大切にしていることの1つです。

 

坐骨神経痛はずきんずきんという痛みやびりびりとした電気が走る感じがしたりなど感じ方はいろいろあります。 

 

人体で最大の神経である坐骨神経。

 

太く長いものは障害されやすいというカラダの特徴があるため、手よりも足のほうにしびれが出やすい傾向があります。

 

  • 運動神経がダメージを受ける・・筋肉のこわばり
  • 感覚(知覚)神経がダメージを受ける・・痛み・しびれ

 

経験からいえることは、痛みやしびれよりも足に力が入れにくい・こわばるという状態のほうが回復に時間がかかります。


神経は圧迫には強い?

 

ただ神経は圧迫に対しては意外と強くできています。

 

坐骨神経痛と診断された方のなかには、坐骨神経が傷ついたりダメージを受けたりせずに、おしりやお腹の筋肉が固まっていることが原因のことも多いです。

 

腰椎椎間板ヘルニアも同じです。

 

重度の方の場合には整体で対応するのは難しいことがあって手術の必要もあるでしょう。

痛いことは非常に不愉快で不便なことこの上ないですが、神経は生きているといえます。

 

この場合は病院で腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛と診断されていたとしても、整体を受けることで

回復していける可能性があります。

 

反対に感じないことはマヒであり神経が壊れていることです。

 

 

神経に対する障害でいうとしびれよりもマヒは大きなものとなり、整体で状態を改善させるのは極めて難しいです。

 

 

作業途中~