池袋でストレートネックでお悩みの方 まずはご覧下さい

ストレートネック

首の痛み,手のしびれ,肩こりの原因はストレートネックだから?

 

ホームの最後のところ『忙しい日々の中でムリが続いていませんか?』の中にあるお子さんと同じ目線に

合わせるようにしゃがんだりすることで、アゴを突きだす姿勢になりがちなことはあります。

 

頭の位置が歪み、支えがしにくくなるので、筋肉だけでなく神経,血管への負担も大きくなりがちです。

 

 

ただ画像検査では腰の神経を圧迫しているのがしっかり見えるけれど、痛みのない場合もあるのは

よく知られていること。

 

同じようにストレートネックと診断されてる方、すべてに肩こりや慢性的な不快感があるとはいえません。

 

首のカーブの減少というストレートネックの大きな特徴はある場合でも。

 

土台となる足首や骨盤の関節,肩甲骨や鎖骨をのせる胸郭の使い方や柔軟性があるならば、首にかかる負担を

減らすことができるのです。

オープンのボードとスマイル缶の画像

骨での支えが大切です

骨格模型 首の骨の写真

重い頭を乗せておくためのつくりとして筋肉だけでは疲れてしまうので、骨の支えが必要です。

 

これは横からみた通常の首の骨(頸椎)

 

首と腰は喉やお腹のほうに向かって弓なりにカーブがある=構造的にもまっすぐの状態よりも強い

 

このカーブの強さは個人差あります。

丸まりが強い方からフラットな方まで。

うつ伏せになったときにハッキリでますね。

 

首や背中・腰の3点にあるカーブのことを生理的弯曲・S字カーブと呼んだりします。

 

適度なカーブがあることはカラダに入る衝撃を吸収して逃がしやすくなるので大切なもの。

このカーブが少なくなる・まっすぐの状態に近くなっている首をストレートネック呼びます。 

 

「姿勢悪いね」「猫背になってるよ」

 

そう言われたり自覚したりするときは背中が丸いだけでなく、頭の位置が前(デスクワークの場合PC画面に近づく)に

傾いていることが多いです。

そんなときは背筋を伸ばさなきゃとか頑張ってもうまくいきません。

 

座っているときの土台である骨盤をうまく使っていくのがおススメです。

 

骨盤の一部である坐骨。

座わってるときにおしりのところに手を当てると触れる硬い部分です。

 

座るときに大切なのは2つあるこの坐骨と両方の足の裏の4点でカラダをしっかり支えられていること

 

坐骨や足裏にかかる力を矢印の向きでいうと斜め前や後ろでなく  なっていることが必要です。

力の方向が真下に向かっているのがポイント。

 

首のところや背中だけで安定させるのはムリがあります。

大きな関節である骨盤をうまく使って支えをつくる。

そうすることで前に傾いている頭の位置が整ってきやすくなりますよ。

 

とても大切なことなのでそのあたりのことも施術のときにお伝えしています。

 

オフィスでまわりを見ると「あの人の姿勢は良くないな」「~さんの姿勢は肩が辛そうだな」

そのような方が何人かいるかもしれません。

 

ただ自分のことって意外とわからないもの。

 

 

あなたのふだんの姿勢ってどうなっていますか?


ストレートネックとは?

これは最近ではスマホ首ともいわれたりしますが、ストレートネックの状態です。

通常首の骨は喉のほうに向かって弓なりにカーブがあるのですが(下のほうで解説してます)

それが減ってまっすぐに近くなってます。

 

スマホに限らず数独というパズルや事務作業などなんでもいいのですが、

下を向く時間が長い方に見かけられます。

 

背骨には首や背中、腰の部分に適度にS字のカーブがあることで地面からの衝撃を

逃がしたりできます。

また頭が揺れたときにもしなりが出ることでダメージを吸収してくれるようなつくりになっているのです。

 

その作用を活かせなくなるので首や頭に限らずカラダにかかる負担は増えてしまうんですね。

 

よくあるのが首の骨の横を通る血管(椎骨動脈)に負荷がかかって頭痛・めまい・吐き気がでること。

頭がボーッとしたり、フワフワ感があったり。

集中するのがしにくかったり。

判断力が鈍くなることもあるようです。

 

スマホを低い位置で持って操作するとどうしても下を向く時間が増えてしまいますよね。

 

首肩に負担のかかるスマホ作業を和らげるために。

今からでもできるのはスマホを持つ手をいつもより少し上にしてできるだけ目の高さに近づけたところで使う

ようにすること。

 

下を向かずに頭をなるべく正面を向いたまっすぐのままでいられると首にかかる負担が減ります。

 

これからも必要不可欠になっているスマホを使って楽しく過ごしていくためにもカラダの使い方を

工夫していきましょう。


頭位前方=頭が前に倒れてアゴが上がる姿勢

骨格模型でみる頭位前方の写真
ストレートネックになる頭位前方の人物写真

これもストレートネックです。

 

背骨を横からみてます。

頭位前方を骨格模型の写真でみるとこんな具合です。

 

首の骨である頸椎に通常あるはずの弓なりのカーブのバランスが崩れている状態です。

 

PC画面をみるときによくあるケース。

時間が経つごとに、だんだんと集中してきて頭が画面に近づくようになると

 

重い頭が前に倒れてくるので下を向いてしまいます。

そのままだとPC画面は見づらいので、頭が前にある位置のままアゴをあげて前を見ようとしがちです。

 

しゃくりあげるようなこの状態だと骨での支えがしにくくなり、カラダの負担が増えてしまいます。

 

首の筋肉である胸鎖乳突筋・肩甲挙筋・斜角筋・のどまわりにある筋肉たち。

それらが縮まって頭と肩の距離が短くなってしまうことに。

 

肩もすくみやすくなり頭と首がカメのように胴体にめりこむようになって、背も小さくみえてしまう

ので損なんです。

 

首肩こりがラクになったり、首をスラリとみせるにはこの状態ではいけません。

 

通常の状態の首の骨を知らなくてもこれだとなんとなく辛そうな感じがしませんか?

 

例えるならボーリングの玉のような重いものを両手で持つときに肘を伸ばして持っている状態。

 

支えとなる胴体からボーリングの玉があるところまでの距離が長いほど腕の強さ

が必要になり、作業効率は悪いです。

 

重いものを持つときは肘を曲げてカラダ(胴体)に近づけて持つほうがラクですし、

ふだんはそうしているはずなんですね。

池袋整体ゆっくりの店内写真植物オープンのボード