池袋で頭痛の改善をサポートします 緊張性頭痛・片頭痛 池袋整体ゆっくり

頭痛

病院で検査しても異常が見つからない。

なのにどうしてこんなに具合が悪いんだろう?と不安になったり、イライラする自分に疲れてしまったりすることはありませんか?

 

頭が痛い・吐き気がする・やる気が出ないとき。

 

原因の1つとして、血管や脳・神経などの大切なものの通り道が整っていないことが考えられます。

 

骨や筋膜の歪み・関節の動きの制限・神経伝達の乱れなど。

 

 

施術により通り道が整備されてくると滞りが減るので、液体や神経の流れがスムーズになります。

張りつめてしまっている状態も緩まりやすくなります。

 

不快感や痛み・重苦しさが軽減され、頭や目がスッキリしてくることも。

 

情報の処理能力が高まるので、仕事の効率も上がります。

 

 

このページでは頭痛を病気によるものとよらないものに大きくわけてます。

 

後者のなかでさらに頭痛を3つに分類してわかりやすく説明してます。

よく知られている緊張性頭痛はここに入ってます。

 

最後に池袋整体ゆっくりができること、施術で期待できることなどをまとめています。

 

それではご覧ください。

池袋整体ゆっくりオープンのボードとスマイル缶の画像

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 生理前に強まる頭痛で毎月憂鬱になる(生理痛も周りより強いように思う)
  • 後頭部から首すじにかけて頭がズキンズキンと痛む(首の凝りも強くて疲れる)
  • こめかみの辺りがしめつけられるようなキリキリとした痛みが出る(こめかみを押したくなりますがなるべくやらないでください)
  • 頭の芯が痛むという表現でしか表せない頭痛がときどき出る(ガンガン叩かれてるような痛み)
  • 頭痛や肩こりを我慢するせいか額にしわを寄せることが多くなった(周りからもそう言われる)
  • 休みの日のほうが頭痛が強まることが多い(休日くらい仕事を離れリラックスしたいのに・・・)
  • 頭痛薬で和らぐが、なるべくなら薬に頼らずにいたい(薬に依存してしまうのが心配だ)

頭痛とは?(種類)

 

大きくわけて2つあります。

器質性頭痛

臓器や組織に異常がみられるために起こるもので、ひとことでいうなら病名がつくものです。

 

  • 頭蓋骨の中に関係するものだと脳血管障害・脳腫瘍・髄膜炎など
  • 頭蓋骨の外だと緑内障によるもの(目の奥が痛い)や副鼻腔炎など
  • 全身の病気によるものは、感染症や中毒など

 

頭蓋骨の内に関係するものは、とくに危険な頭痛です。

 

脳が入っている頭の骨は、肋骨(肺や心臓を入れる)や骨盤(膀胱や腸を入れる)と大きく違うところがあります。

 

それはスペースに余裕がないこと。

 

 

限りある空間に脳がキツキツに収まっているため、少しの出血や腫瘍でも脳が圧迫され、危険度が急上昇します。

 

いきなり激しい痛みが出たり、酔ってないのにベロがうまく回らずに話せない・半身のしびれや麻痺などがある場合は、専門の医療機関での検査や処置が早めに必要になります。


機能性頭痛

上記のような異常が明らかでないものです。

 

慢性化して繰り返すことが多いために慢性反復性頭痛とも呼ばれます。

一般に頭痛といったときにはこちらを指し、3つにわけられます。

 

1 緊張性頭痛

首や頭の筋肉が長い時間縮まることで起こる頭痛や頭の重さを総称したもの。

頭痛のなかでもっともよくみられるもので、整体を受けることで緩和されたり改善されるのが期待できます。

 

  • 【期間】 数時間から数週間にわたり出たり出なかったりしながら続く。徐々に始まって持続し、午後に強まることが多い
  • 【部位】 通常は両側に出やすい
  • 【症状】 頭や首の血管が縮まることで、痛みしめつけられるような圧迫感・頭の重たさ・鈍痛が特徴  
  • 【伴って起こるもの】 憂鬱感・めまい感・肩こりなど
  • 【治療薬】 筋弛緩薬

2 片頭痛

女性ホルモン(エストロゲン)の影響により出ることもあるため、男性より女性に多くみられます。

 

  • 【期間】 反復性・発作性の激しい痛みが数時間から3日ほど続く
  • 【部位】 片側が多いですが、両方のこともある。頭の前や後ろ、目の奥だったりいろいろな場所に出る
  • 【症状の出るまえに起きやすいもの】 ものが見えにくくなる・眠気・気分の不安定さなど
  • 【症状】 血管が広がることによる拍動性で強い痛み 
  • 【伴って起こるもの】 食欲がなくなる・吐き気や嘔吐・まぶしく感じるなど
  • 【治療薬】 血管収縮薬

 

片頭痛が出ているときは、暗い静かな部屋でじっとしていることが好まれます。

 

血管が広がることにより起こる片頭痛は、カフェイン・アルコール・ストレスの影響を受けるのが特徴です。

そのため緊張性頭痛に比べ、改善されにくいことがあります。


3 群発頭痛

20~30代の男性がはじめて経験することが多いです。

 

  • 【期間】 1回の痛みは30分~2時間ほど。2~6週間にわたって続く。同様の痛みが同じ時間帯に起きやすく、昼間よりも夜に多い
  • 【部位】 目の周りを中心に頭の前側や横などで激しい頭痛
  • 【症状】 もっとも強い痛みが出て、拍動性でハンマーで打たれているような感じ・火鉢でえぐられるかのような激しい痛み
  • 【伴って起こるもの】 涙が流れる・眼の充血・鼻づまりなどで吐き気や嘔吐は少ない
  • 【治療薬】 血管収縮薬

 

機能性頭痛のなかでは、整体に来る方はとても少ないものになります。


頭痛の原因

 

循環障害によるもので、血管が縮まる・広がることにより起こるものが多いと考えられます。

 

 

●頭に血液がたまりすぎている(うっ血状態)

 

 

さまざまな原因によって持続的に首が締めつけられている場合。

 

通常だと首を通って心臓に戻るはずの血液が、頭にたまったまま戻りにくくなっていることがあります。

 

頭が膨らみ大きくなってしまうので、ボッ~としたり(オーバーヒート状態)頭痛を引き起こすこともあります。

ねじり鉢巻きをするのは、血液が集中して頭が広がりすぎないための昔ながらの知恵なのです。

 

 

●バランスの悪い姿勢 (頭が前方にある姿勢・立っているときに前側に傾いているなど)

 

 

バランスが崩れるのを無意識に調整しているので、脳や筋肉を必要以上に使いすぎているためにリラックスできません。

持続的に奥歯を噛みしめたり、脚に力を入れすぎることは、頭や首に負担をかけることになります。  

 

とくに前方頭位は、頭痛が出やすい姿勢です。

 

頭はテコの原理で支持されています。

 

重さのある頭が前に移動すると、首の後ろの筋肉はより大きな力を出して支える必要が出てきます。

 

また顔が下を向かないようにアゴを上げてバランスを取ろうとするために、首の骨のなかを通る血管がひっぱられて血流が悪くなり、頭痛やめまいにつながりやすくなります。

 

 

●歯ぎしりや食いしばりで顎関節(アゴ)に負担をかけている

 

 

アゴを動かす筋肉の1つが耳の上、側頭部にある側頭筋。

ここが硬いとアゴだけでなく、首や頭皮も硬くなり頭蓋骨も歪んできます。

 

頭蓋骨は23個の骨が集まってパズルのように組み合わさってできています。

 

つなぎ目はわずかに広がったり閉じたりしながらゆるやかに動いています。

そうして脳や神経に栄養を与える液体を届けるのですが、その動きを制限してしまうのです。

 

頭痛のときにこめかみを強く押したくなることがあるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。

頭蓋骨の歪みを強めてしまう可能性があるからです。

 

 

●事故や転倒・昔の怪我の影響

 

 

カラダに強い衝撃が入ると、表面だけでなく頭蓋骨の中にもダメージが入ります。

 

自覚はなくても頭蓋骨が歪んだり、脳や神経を包む膜(硬膜)に緊張が入ってピキーンと固まってしまうのです。

感じる・動かすといった神経の持つ働きに影響が出たりすることも関係してきます。

 

 

●長時間同じ姿勢によるもの

 

 

カラダは動いているのが自然です。

それも一部分だけでなく、全身バランス良くが理想的。

 

歩くのがそれに近い全身運動になりますが、ずっと立っていたり運転時間が長かったり、PC作業で指や腕・目だけを酷使することで首への負担は強まります。

 

 

●自律神経の乱れやストレスの影響

 


頭痛に対して池袋整体ゆっくりができること

 

頭痛にはさまざまことが関係してくるため、改善が難しいこともあります。

 

そのようなことも踏まえつつ、辛さの出ている首や頭だけでなく全身のバランスを調整するように心がけています。

 

 

●腕や手首・指がうまく使えていなかったり、力がうまく抜けていない場合

 

 

腕や手を使ってふだんの作業や軽めの動作をしてもらうと、首にある胸鎖乳突筋などの筋肉がピクピク反応したり硬くなったりする

ことがあります。

 

本人が意識してないところで、筋肉の運動を引き起こしているのです。

腕だけ使っているつもりでも首に負担がかかっているわけです。

 

肩の丸みをつくる三角筋。

ここが硬まっていると鎖骨の動きを制限するので、首の緊張につながります。

 

手首から肘・肘から肩までの腕を調整することで脱力しやすい状態になるので、首の凝りや緊張が緩まったりします。

 

 

●背中の真ん中から骨盤にかけての背骨や肋骨・腰周りが硬い場合

 

 

肩は下がりにくくなるため、PC作業では肘を下げた姿勢で腕や指を使うことがしにくくなります。

 

肋骨と骨盤の距離が縮まっているのを広げるようにしてあげたり、ふだん使えなくなっている筋肉を使うようにしてあげることで、柔軟性が出てくるように働きかけます。

 

肘が下がれることで反対に頭は上に伸びることができ、首の骨や椎間板(骨と骨のあいだにあるクッション)にかかる負担を減らすことができます。 

 

 

●首回りを強めに押しても鈍くなっている場合

 

 

カラダの中心に近づくほど押されて痛みを感じやすくなるのが一般的です。

 

首でいうと、肩のあたりから喉に近づくほど敏感になります。

(僧帽筋より斜角筋。さらに胸鎖乳突筋といった具合に)

 

ただ状態が辛い方ほど感覚が鈍くなっています。

なかには辛くてご自分でノド周りを強めに押したりしてることがあります。

 

そんなときは鎖骨や1,2番目の肋骨に柔軟性を取り戻すことを大切にしています。

鎖骨や肋骨に根をはる首の筋肉がほぐれやすくなるからです。

 

あとはお腹の柔軟性を取り戻すようにしたり、足首やアキレス腱の硬さや歪みを整えたりすることも首の緊張を解放することにつながりやすくなります。

 

オープンのボードとスマイル缶の画像