豊島区池袋の整体│頭痛、ストレスの解消、緊張性頭痛、片頭痛

頭痛

【はじめに】

 

病院で検査しても異常が見つからない。

 

なのにどうしてこんなに具合が悪いんだろう?と不安になる。

イライラする自分に疲れてしまう。

 

そんなことはありませんか?

 

このページでは頭痛を病気によるものとよらないものに大きくわけてます。

 

後者のなかでさらに頭痛を3つに分類してわかりやすく説明してます。

よく知られている緊張性頭痛はここに入ってます。

 

それではご覧ください。

 

池袋整体ゆっくりのオープンのボードとスマイル缶の画像

こんな症状でお困りではありませんか?

  • 生理前に強まる頭痛で毎月憂鬱になる
  • 後頭部から首すじにかけて頭がズキンズキンと痛む
  • こめかみの辺りがしめつけられてキリキリ痛む
  • 頭痛以外にもめまい、立ちくらみがある
  • 頭痛や肩こりを我慢するせいか額にしわを寄せることが多くなった
  • 休みの日のほうが頭痛が強まることが多い
  • 頭痛薬で和らぐが、なるべくなら薬に頼らずにいたい

頭痛の種類

 

大きくわけて2つあります。

【器質性頭痛とは】

 

臓器や組織に異常がみられるために起こるもので、ひとことでいうなら病名がつくものです。

基本的には整体の適応範囲外とされます。

 

  • 頭蓋骨の中に関係するものだと脳血管障害・脳腫瘍・髄膜炎など
  • 頭蓋骨の外だと緑内障によるもの(目の奥が痛い)や副鼻腔炎など
  • 全身の病気によるものは、感染症や中毒など

【危険な頭痛の症状】

 

頭蓋骨の内に関係するものは、とくに危険な頭痛です。

 

脳が入っている頭の骨。

ここは、肋骨(肺や心臓を入れる)や骨盤(膀胱や腸を入れる)と大きく違うところがあります。

 

それはスペースに余裕がないこと。

 

限りある空間に脳がキツキツに収まっている。

そのため少しの出血や腫瘍でも脳が圧迫され、危険度が急上昇するのです。

 

  • いきなり激しい痛みがでる
  • 酔ってないのにベロがうまく回らずに話せない
  • 半身のしびれや麻痺

 

このような場合は、専門の医療機関での検査や処置が早めに必要になります。

 


【機能性頭痛とは】

 

異常が明らかでないものをいいます。

 

慢性化して繰り返すことが多いために慢性反復性頭痛とも呼ばれるのが特徴。

一般に頭痛といったときにはこちらを指し、3つにわけられます。

 


1 緊張性頭痛

首や頭の筋肉が長い時間縮まることで起こる頭痛や頭の重さを総称したもの。

 

頭痛のなかでもっともよくみられます。

整体を受けることで緩和されたり改善されるのが期待できます。

 

  • 【期間】 数時間から数週間にわたり出たり出なかったりしながら続く。徐々に始まって持続し、午後に強まることが多い
  • 【部位】 通常は両側に出やすい
  • 【症状】 頭や首の血管が縮まることで、痛みしめつけられるような圧迫感・頭の重たさ・鈍痛が特徴  
  • 【伴って起こるもの】 憂鬱感・めまい感・肩こりなど
  • 【治療薬】 筋弛緩薬

2 片頭痛

女性ホルモン(エストロゲン)の影響も関係するため、男性より女性に多くみられます。

 

  • 【期間】 反復性・発作性の激しい痛みが数時間から3日ほど続く
  • 【部位】 片側が多いが、両方のこともある。頭の前や後ろ、目の奥だったりいろいろな場所に出る
  • 【症状の出るまえに起きやすいもの】 ものが見えにくくなる・眠気・気分の不安定さなど
  • 【症状】 血管が広がることによる拍動性で強い痛み 
  • 【伴って起こるもの】 食欲がなくなる・吐き気や嘔吐・まぶしく感じるなど
  • 【治療薬】 血管収縮薬

 

片頭痛が出ているときは、暗い静かな部屋でじっとしていることが好まれます。

 

血管が広がることにより起こる片頭痛。

 

カフェイン・アルコール・ストレスの影響を受けるのが特徴です。

そのため緊張性頭痛に比べ、改善されにくいことがあります。

 


3 群発頭痛

20~30代の男性がはじめて経験することが多いです。

 

  • 【期間】 1回の痛みは30分~2時間ほど。2~6週間にわたって続く。同様の痛みが同じ時間帯に起きやすく、昼間よりも夜に多い
  • 【部位】 目の周りを中心に頭の前側や横などで激しい頭痛
  • 【症状】 もっとも強い痛みが出て、拍動性でハンマーで打たれているような感じ・火鉢でえぐられるかのような激しい痛み
  • 【伴って起こるもの】 涙が流れる・眼の充血・鼻づまりなどで吐き気や嘔吐は少ない
  • 【治療薬】 血管収縮薬

 

機能性頭痛のなかでは、整体に来る方はとても少ないものになります。

 


頭痛の原因

いろいろなことが考えられますが、代表的なものを3つご紹介します。

 

【うっ血状態】

 

持続的に首が締めつけられている場合。

通常だと首を通って心臓に戻るはずの血液が、頭にたまったまま戻りにくくなっているのです。

 

頭が膨らみ大きくなってしまうので、ボッ~としたり(オーバーヒート状態)頭痛につながります。

ねじり鉢巻きをするのは、血液が集中して頭が広がりすぎないための昔ながらの知恵です。

 


【不良姿勢】

 

バランスが崩れるのを無意識に調整するため、脳や筋肉へ負荷が強まっています。

 

とくに前方頭位は、頭痛が出やすい姿勢です。

あごを突き出すように頭が前に移動した位置のデメリット。

 

  • 首肩の筋肉の緊張が強まる
  • 首の骨の横を通り脳へつながる血管のストレスが強まる

【歯ぎしり・顎関節症】

 

アゴを動かす筋肉の1つが耳の上にある側頭筋。

ここが硬いとアゴだけでなく、首や頭皮も硬くなり頭蓋骨も歪んできます。

 

頭蓋骨は23個の骨が集まってパズルのように組み合わさってできています。

つなぎ目はわずかに広がったり閉じたりします。

 

頭が硬くなると、脳や神経に栄養を与える液体の流れが制限されるため不調につながります。

 


頭痛に対して池袋整体ゆっくりができること

 

頭が痛い・吐き気がする・疲れてやる気が出ないとき。

 

原因の1つとして、血管や脳・神経などの大切なものの通り道が整っていないことが考えられます。

骨や筋膜の歪み・関節の動きの制限・神経伝達の乱れなど。

 

施術で大切にしているのは、通り道の整備。

液体や神経の流れをスムーズにしていくことです。

 

いくつかポイントをご紹介します。

 


【力が抜けない傾向の人】

 

腕や手を使ってふだんの作業や軽めの動作をするとき。

首にある胸鎖乳突筋などの筋肉がピクピク反応したり硬くなることがあります。

 

本人が意識してないところで、筋肉の運動を引き起こしているのです。

腕だけ使っているつもりでも、首に負担がかかっている状態。

 

そういったことに気づいてもらうこと。

施術で緊張を和らげることが必要です。

 


【肩に丸みをつくる三角筋】

 

ここが硬まっていると鎖骨の動きを制限するので、首の緊張につながりやすいです。

デスクワークで知らずに負担がかかっていたりします。

 

腕を動かすのがだるく感じる場合。

首肩こりだけでなく、頭痛が起こることもあるので注意が必要です。

 


【肩がすくんでいる】

 

僧帽筋や肩甲挙筋などが硬くなり、肩がもちあがった状態が続くとき。

首は短くなるので、負担が強まります。

 

耳と肩の距離が広がるようにすることが大切です。

 

肋骨と骨盤のあいだは、スペースが狭くなり硬さが出やすいところ。

そこに柔軟性が出てくるように働きかけるようにしています。

 

肩や肘が下がることで反対に頭は上に伸びることができる。

首の骨や椎間板(骨と骨のあいだにあるクッション)・血管にかかる負担を減らすことができます。 

 

池袋整体ゆっくりのオープンのボードとスマイル缶の画像