池袋で腕や手首の痛み・張り感・疲労感を和らげる 池袋整体ゆっくり

腕こり(腕や手首の痛み・張り・疲労感)

 

腕と手首の疲れや重さを意識したことあるでしょうか?

 

実際は肩だけでなく、腕もこるし疲れます。

ただ自覚できるかは別の問題です。

 

ふだんは腕よりも肩のほうに意識が向きやすいこともあって、「腕が張る、疲れるとかわからない」という人も少なくありません。

 

 

指という細いパーツを動かすために、手首から肘のあいだにいろいろな筋肉がついてます。

ここは前腕(ぜんわん)といい、池袋整体ゆっくりの施術でも大切にしているところです。

 

 

前腕がうまく使えなくなると、手首や肘・肩の負担が増えます。

働けていないところを補おうと、頑張ってしまうから。

 

それが続くと、腕の張りだけでなく首の痛みや肩こりにつながっていきます。

 

 

ざっくりとした説明になりますが、このページでお伝えしたいのは2点です。

 

  • 手首や腕が張ったり疲れていると、首肩こりにつながること
  • 腕を施術することで肩こりが和らぐことがあること

 

以下のこんな症状でお困りではありませんか?を読まれてピンっとこなければ読み飛ばしちゃってください。

もし「おや?」「ふんふん」と思いあたることがあれば、少していねいに読んでもらえると嬉しいです。

 


こんな症状でお困りではありませんか?

  • 腕時計やブレスレットをはめると手首や腕肩が辛くなるのでつけられない
  • PCを使う時間が長く、指や手首・腕が重たくてだるい
  • 手首が気になってぶらぶら振りたくなる
  • 腱鞘炎まではいかないけれど、指が痛いことが多い
  • 職場で重たいファイルを片手でつかんで持つ作業をしているので、手や腕が疲れている
  • じゃんけんのパーの状態でいるのがしんどい
  • 鞄を片手で持つのが最近キツくなってきた

腕こりとは(腱鞘炎・手根管症候群など含む)

 

一般的なものではないかもしれませんが、腕こりとは肩こりをもじってつけたものです。

 

腕こりの「腕」は、手首から肩のつけ根までの広い意味で使っています。

 

こるのは、肩だけでないこと。

多くのお客様の状態から学ばせてもらいました。

 

  • 力こぶのあたりがこる
  • 肘から手首にかけていつも重たい・痛い
  • 手首のまわりが硬い・冷えているなど

 

指が痛くて腫れている・動かしにくいときに有名な症状が、腱鞘炎(けんしょうえん)です。

反復動作による指の使い過ぎによるものが原因とされています。

 

パソコンのキーボードを打つ時間が多いとか、文字を書く時間が長い・楽器の演奏などです。

 

 

指のしびれが気になるときに、整形外科に行く人に多いのが手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)。

反復動作や手首の骨折などが関係することがありますが、はっきりとした原因はわからないようです。

 

 

池袋整体ゆっくりでは、前腕という手首から肘にかけての骨がうまく使えないことも、上記2つのものに影響すると考えています。

前腕には、指を動かすための筋肉がたくさんついているからです。

 


指や手・手首・腕の痛みや張りの原因の1つ

 

少し専門的な話になります。

腕というとどこをイメージするか人により違うと思いますが、解剖学的には次のように区別されます。

 

  • 手首から肘までを前腕(骨は2本 尺骨と橈骨)
  • 肘から肩までを上腕 (骨は1本 上腕骨)

 

前腕にある2本の骨のうち、小指側にある骨(尺骨)を軸にして親指側の骨(橈骨)がひねられて腕は動きます。

ドアノブや工具のドライバーを回すときなどに使われる動きですね。

 

  • 前へならえの姿勢から手のひらが上を向く動きが回外 (お盆を手のひらに乗せる形)
  • 前へならえの姿勢から手のひらが下を向く動きが回内 (ヨーヨーをするときの手の形)

 

という動きの名称になっています。

 

どちらも90度動けるようになってますが、前腕にある2本の骨がうまく動けずにいる人が多いです。

(自覚はないことがほとんど)

 

すると手首のところだけを使いすぎ、手首の関節がゆるくなってしまう傾向があります。

 

動けずに硬いところと、動きすぎて柔らかいところができるとその差によってカラダは故障しやすくなります。

 

骨格模型で腕をしめした画像

【上腕骨と前腕の図】

 

それぞれ1本と2本で骨の数が違います。

骨格模型で尺骨と橈骨をしめした画像

【前腕の2本の骨の図】

 

手のひらを向けてます。

骨格模型で回内動作をしめした画像

【前腕の回内の動きの図】

 

小指側の骨を軸にして、親指側の骨が動きます。手のひらを下(床)に向けてます。



腕こりに対して池袋整体ゆっくりができること

 

なかなか良くならない首の痛みや肩こりの原因が、肩よりも手首や腕にあるような場合。

 

肩甲骨周りをやってもらうとそのときは楽になる。

けれど、またすぐに首肩が辛くなってしまったりすることがあります。

 

肩にくらべて大きな力は出せませんが、指は弱い力で長く使うことができるのがメリットです。

キーボード操作や文字を書いたりがその一例。

 

 

ただ自覚はなくても指や手がうまく使えなくなっているとき。

 

必要以上に力が入りすぎた効率の悪い状態で、長く使うことによりダメージが出やすくなります。

そのダメージは手や腕だけでなくて、首や肩回りにもじわじわと蓄積されていくのが厄介なところです。

 

 

状態が重い人の場合は、1回の施術で腕や肩がスッキリ!とはいかないこともありますが。

 

独特な指の形をいくつかつくって、手と腕の軸が整うような地味な施術をするのが池袋整体ゆっくりの特徴の1つです。

 

 

「こういう腕の整体ははじめてです」

 

「腕をこんなふうに押されたり動かされたことはなかったから新鮮な感じ」

 

「力がすごい抜けて自分の腕じゃないみたい」

 

 

そんな声を頂いてます。

 

施術により前腕の動きや状態を整えて、手や腕の機能を高めることは肩こりを緩和することにつながります。

不快感をつくっているいつものカラダのパターンが崩れて、使えるところの幅が広がるからです。

 

 

幅が広がるというのは、骨の構造にそった動かし方がしやすくなること。

ムリの少ない効率的な動き・腕にとって負担の少ない使い方で生活していくことで故障を減らしていけたら嬉しいですよね。

 

腱鞘炎や手根管症候群をはじめとしたいろいろな症状を予防していくこと。

 

スポーツに限らずデスクワークの方にとっても、長くお仕事を続けていくうえで必要なことと考えてます。