· 

首肩こりで強いストレスがあるときの原因や傾向

池袋東口4分│首肩こりで強いストレスがあるときの原因│池袋整体ゆっくり

2021年 4月                                                    

 

こんにちは

豊島区にある池袋整体ゆっくりのまつもとです。


首肩こりが強い人

【身体の状態】

 

首や肩のコリが強い人は、「身体のなかにため込まれたものがあって、それが外に逃げられない状態」です。

 

その行き場のないエネルギーの固まりのようなものを、上手に圧をかけることで外へ逃がしてあげる感じ。

それがね、ほぐれるということ。

 

ただ硬いからって、押し込むように強く揉めばいいもんじゃないんだよ。

 

昔、整体師の先輩にそう教わりました。

 

今でも技の引き出しのひとつとして大切にしています。


【締めつけられるものが苦手】

 

その後いろいろなお客さまからお話を聞いて、コリが強い人に見られる傾向があるように思いました。

その1つとして、「締めつけられるものを避ける」こと。

 

  • タイトな肌着
  • 補正下着
  • 首を覆うタートルネックの洋服・マフラーなど
  • 腕時計

 

腕時計なんて、少し緩めにつければいいんじゃないの?

 

そう思われるかもしれませんが、違うようです。

 

首肩こりの酷い側の手首につけたくないので、利き腕と反対側につける方もいます。


【首からぶら下げるものが苦手】

 

あとよく聞かれるのが、ネックレスや社員証などの「首からぶらさげるものが苦手」という方。

 

  • 社員証   
  • ネックレス

 

社員証は首からかけずに、仕方なく手で持っていたりすることもあります。

オシャレはしたいけど、首が苦しい感じがするので襟元は着飾れないなど。

 

「たぶん、他の人にとってはたいしたことではないんですよね」とお話されます。

そんなに重いわけでもないし。

だけど・・

 

そのあとに続くのが以下のような言葉。

 

「何か気になってしまう」

「ストレスに感じてしまう」

「首に負担がかかっている気がする」

「喉まわりを軽く圧迫されているような感じがする」

 


【肩こり以外の不快な症状】

 

首肩こり以外にも、不快に感じられている共通する症状をいくつか挙げてみます。

 

  • 腕の重だるさ (左右差が大きくて、辛いほうの腕は自分のものではないみたい)
  • 手の指に力が入れにくい・ものをつかみにくい・握力が落ちた
  • 指を動かせるが、なんとなくぼやけた感じがする
  • 腕や手を使ったあとは、肩を回したり腕を振りたくなることが続く
  • 肩に重たいものが乗っている感覚が消えない

 

力が抜けない傾向がある方、肩に力が入る方は『力が抜けない』も合わせてどうぞ。

 


肩こりの原因を分析

【動かないポイント】

 

あるお客様は、ご自分の肩をこう分析されました。

 

肩を動かしたときに、辛さのある側の肩は「どこかのポイントで止まっている感じ」がする。

硬さの出ているところを「筋力で無理やり潰しながら動かしている」ように思う。

 

それを日常のなかでは無意識に繰り返している。

だから、痛くなるし、こってくるし、疲れてくるんだろうなあと。

 


【左右差が大きくなると不調につながる】

 

問題なく動けているようでも、施術側からするとうまく働けていないところが見えたりします。

バランスの左右差も大きくなりすぎると、不調につながります。

 

頭痛や首肩こりの問題がどこにありそうか。

 

外から見て確認し、触れて確認し、動いてもらって確認する。(関節の可動域検査や筋力検査など)

 

  • 知らず知らずに使いにくくなっている部位に気づいてもらう
  • そのまわりを施術者が調整する
  • ご自分で動かすようにトレーニングする   

 

それらを合わせてできると、身体が楽になる方向に向かいやすく効果的です。

身体の使い方を学習し直すことにつながります。

 

 

それでは今日も平穏な1日でありますように

 

・ホーム

 

・肩甲骨はがし