腰痛の原因は腹筋・背筋が弱いから?

東京・池袋の腰痛やぎっくり腰を改善する整体 池袋東口徒歩3分

 

2018年 9月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

 

 

今日は腰痛についての内容です。

 

朝から腰が痛い・腰が重いという方から1番聞かれることが多い『腰痛あるある』が

「腰痛の原因は腹筋・背筋が弱いからですか?」というもの。

 

ぎっくり腰をやったり慢性腰痛で辛くて行った整形外科や病院・接骨院・健康雑誌やテレビなどでも

そう言われる傾向が多いようです。

 

キックボクシングをやっていた経験から感じてるのは、鍛えられて見栄えのよい筋肉と腰痛にならないこととは

関係が少ないこと。

 

  • シックスパックといわれる腹筋がきれいに割れている人
  • 強いパンチを打てる1つの目安とされるヒットマッスルである力強い広背筋を持つ人(自分の感覚からすると広背筋より前鋸筋という筋肉が大切かな)  

 

周りにいるのは筋肉自慢の人が多かったのですが、腰痛ある人けっこういたからです。

 

整形外科や整体院で腹筋・背筋を鍛えましょうといわれるのは間違っていないと思います。

少ないよりもあるほうがいいはずです。

 

それに加えて大切なことが1つ。

 

  • カラダの奥にある深層筋(大腰筋など)のトレーニング・働きやすくすることで支えをしっかりさせる

 

これができている人は腰痛が少ないし、立ち姿勢もきれいです。

 

前にあるのが腹筋で、後ろが背筋だとすると大腰筋はカラダの真ん中になります。

上半身と下半身をつなぐ唯一の筋肉なので、腰痛治療とか腰痛改善といわれるときにアプローチされることが

多いところなのです。

 

池袋整体ゆっくりに来てる方は、セルフケアする方法など忘れてたらお気軽に聞いてくださいね。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように