· 

肩こりや腰痛の原因と対策 ストレッチや体操

 

2018年 9月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

 

 

今回はストレッチや体操をするときの共通のコツをお伝えします。

 

  • 腕や足をゆっくりと大きく動かすようにすること
  • ムリをしないこと
  • 呼吸を続けること
  • 量よりも質が大切

 

セカセカ動かずに、胴体から腕や足を動かすようにする意識を持つと効果も違ってきます。

たくさんやるほどに効果的とは限りません。

 

痛めないように気をつけていきましょう。

 

 

この先はストレッチについて。

 

ストレッチは縮まって短くなった筋肉に対して有効ですが、筋肉は伸ばされた状態で硬くなることもあります。

 

そんなとき筋肉はそれ以上伸ばされるのを嫌うので、肩こりのためにやっているはずのストレッチが

逆効果になることも。

 

例をあげると猫背で背中が丸くなっているときや右利きのゴルファーの場合の左肩。

 

背骨と肩甲骨をつなぐ筋肉(菱形筋)が伸ばされた状態の時間が長くなるので、背中でなく胸をストレッチすると

効果的です。

カラダの前側を伸ばすことで、後側(背中側)が縮まるので、具合がいいのですね。

 

 

「この辛さや痛みをなんとかしたい!」

 

そう思うほどストレッチにも力が入ってしまいやすくなるので、首や肩への刺激が強くなる傾向があります。

刺激が大きいときは呼吸も止まりやすくなるし、無意識に力んでいるのであごに力が入っていることがあります。

 

イタ気持ちいいのちょっと手前くらいを限度にして、あごの力を緩めるために口を少し開けたままやや弱めにやる

ストレッチがおすすめです。

 

ストレッチや体操を効果的にするためにも自分が必要とする部位を必要とする方向へ伸ばしたり、動かすことが

大切なこと。

 

頑張りすぎてしまう人は少しゆるめに。いい意味で良い加減に。

サボりがちな人は反対にしっかりめにやれるようにサポートしてもらいつつ習慣にしていけるといいんでしょうね。

 

 

最後にホームページのことを少しだけ。

 

画像の処理や長すぎる文章やわかりにくい言いまわしなどを修正し、読みやすく役に立つようなものにするための

作業を続けてます。

 

一例をあげるとホームの文章のはじめのところは大幅に変えて、文字の量も10000字から4000字へ大幅に削減。

伝えたいことがシンプルにわかりやすい形になったと思ってます。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように