· 

肩こりや腰痛の原因と対策 ツボを押す

池袋の整体 肩こりや腰痛の原因と対策 ツボを押す

2018年 8月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

 

肩こりや腰痛でお悩みの人にツボ押しの注意点

肩こりや腰痛の原因と対策の第2弾は『ツボを押す』です。

 

肩こりといえばツボそしてマッサージ。

それくらい辛い部分を「押す」ということはなじみのあるものですが、押すと危ないところも知っておいてください。

 

ツボを押すことで辛さがまぎれたり、上手な人だとゴルフボールやテニスボールを使ったりして軽めの首こりや肩こりが和らいだりするのでうまくやると効果的です。

 

ここでいうツボとは東洋医学の考え方にある経穴(けいけつ)でなく、押すことで気持ち良く感じられるところと考えます。

 

血行が良くなることで緊張が緩んだり、こりが和らいだりするのを目的にすることが多いですが、セルフケアでは押すと危ない場所が2つあります。

 

 

ひとつめはこめかみ。

頭痛やめまいがするとき。眼精疲労などで辛いときにやる人が多くみられます。

 

脳を守る入れものである頭蓋骨のこめかみ部分を強く押してしまうと、パズルのように組み合わさっている頭蓋骨のバランスが崩れやすくなるのです。

 

それよりはセルフケアとしては頭蓋骨の上にある頭皮をほぐすようにするほうが効果的だし安心です。

おでこから始まって頭頂部それから首や肩に向かって筋肉を包む膜である筋膜はつながっているからです。

 

耳を軽めに引っぱることもリラックスにつながります。

 

ずっと引っぱり続けずに耳を軽く2ミリくらい引いてとまったところで30秒くらいキープ。

これを気づいたときに何回かやると頭のしめつけ感や頭痛が和らぐことがあるんです。

 

1センチ引っぱるような具合だと強すぎかも。

 

首や肩こりのときだけでなく眼精疲労を和らげたり、肩こりを予防する意味でも頭皮や頭蓋骨の関節の

柔らかさは大切です。

 

 

2つめは骨盤の上のほうにある肋骨周りを強く押すこと。

 

 

これは避けましょう。

 

写真は背中側からみた骨格模型です。

赤丸のところが危険地帯といわれる肋骨のところ。


骨格模型の画像
骨格模型の画像

 

ここ(第11・12肋骨)は上のほうの肋骨に比べて骨折しやすいつくりになっているからです。

触れて硬いのがみつかってもそれはコリではなく骨かもしれません。

 

この模型は一番下の肋骨と骨盤までの距離が離れてますが、肩こりや腰痛・膝痛・足のしびれなど症状があったり背中がかたまっている人はこのスペースが狭くなっています。

 

危ないところを知っておくとツボを押すときの力加減がしやすくなるし、触れないようにすることもできるので非常に大切だと考えてます。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように