· 

腕を上げて寝る『バンザイ寝』の原因

池袋で整体 首肩こり腰痛につながるバンザイ寝

2018年 12月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

腕を上げている骨格模型の画像

朝気づくと布団のなかでバンザイしてたり、仰向けに寝ると腕をあげたくなるとき。

 

病気や不調が隠れているサインとして『バンザイ寝』なんていうネーミングをみかけます。

思い当たる人もいるでしょうか?

 

手がしびれて目覚めたり、指の感覚がなくなっていたり、朝から腕が重いという声も聞きます。

 

よくある原因として

 

  • 首こり肩こり・背中やわきの周りがガチガチに硬まっている
  • 血流・リンパの流れが悪い
  • 呼吸が浅くなっている

 

があります。

 

 

力が入りやすかったり肩こりがひどいとふだんから肩をすくむようにしがちです。

肩が上がっている状態ですね。

 

すると肩を下げる=肘を下げることがしづらくなるので、布団のなかでも腕をあげているほうがラクだったりすることがあります。

 

ここで解剖学の基本的なルールを紹介します。

 

  • 上・・頭の方向
  • 下・・足の方向
  • 前・・顔がある方向
  • 後・・後頭部の方向

 

図で見るとこんな感じ。

上下前後を表す解剖学の画像

上といったら頭の方向を指します。

 

立っていたり座っているときの「上」は天井方向になり、仰向けのときの「上」は壁がある方向。

うつ伏せだと「前」は床方向になり、仰向けの姿勢での「前」は天井方向になります。 

 

 

呼吸がしづらいときにバンザイ寝になる話に戻ります。

 

息を吸うときは肋骨が上(頭のほう)に向かって動きます。

 

腕を上げる=肋骨を上げることになるので、息は入りやすくなるわけです。

スポーツ選手が試合中に腕をあげて(肘は曲げて)呼吸を整えているシーンもみかけられます。

 

ただ息を吐くのは肋骨が下がる必要がでてくるので、腕を上げたままだと不便です。

 

 

ふだんは布団のなかで腕をおろしている人でも日によってバンザイしたくなるときもあります。

姿勢を考えるときに1ついえるのは、今のあなたのカラダに必要があるからそうしているということ。

 

カラダは優秀なので誰にいわれなくても自分に具合がいいように働きかけてくれてます。 

 

デスクワークや車の運転で縮まってしまったカラダの前側にある胸の筋肉やワキの下・お腹まわり。

バンザイ寝はそのあたりを伸ばしてくださいというサインを受け取っている場合もあります。

 

布団のなかに腕があると暑いから外に出していたり、必要に合わせてカラダは動きます。

 

なんとなくこの姿勢がラクというのがあれば、おそらくそれは今必要なこと。

 

足を組むと骨盤が歪むとかいわれても、足を組みたくなっているのが現状です。

そんなときにムリに組まないようにしていても疲れますので、組んだほうがラクだったりしますよね。

 

 

バンザイ寝はカラダの現状を知る手がかりになります。

 

日常生活のなかでは決まった動きが中心になり、デスクワークでは腕を上げておく時間は少ないというかほぼ

ないです。

 

できれば会社にいるあいだに上をみるようにしながらバンザイをしたまま10秒程キープするのを何回かやって

おくと夜布団のなかでバンザイするのが減っていくかもしれません。

 

胸郭出口症候群の方はつり革つかんだり腕を上げるとしびれや痛みが出たりするので、ムリはしないように気をつけてくださいね。

 

ほかには仰向けで前方向(天井)に持ち上げた腕や脚をぶらぶらと30秒ほど揺らしてみる。

これも2~3回やると寝返りがしやすくなるようになるのでおすすめです。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように