首肩の痛みがとれずカラダや気持ちに余裕がありません

首肩のコリや痛みがとれず気持ちに余裕がない 池袋で口コミで評判の整体院

2020年 1月

 

池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

 

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

カレンダーの関係で比較的休みがとりやすい年末年始だったと聞きます。

それでも疲れがとれて気分がいい・リフレッシュできた方ばかりではないと思われます。

 

今回は疲労感が大きくなると余裕がなくなるというお話です。

 

 

蓄積された疲労はその日のうちに睡眠で回復しリセットできるのが理想。

 

ただPCを長時間見てマウス操作による指や腕・肘から肩そして首にかけての負担は、しんどいもの。

一晩寝て良くなるものではないことが多く、手強いと思います。

 

デスクワークの方だけでなくドライバーのお仕事やふだんから重いものを持ち運んだりしている方。

ご家庭での子育てで首や肩こり・腰痛・疲れがとれないなどでお困りの方も多いです。


疲労感が大きいと感覚が鈍くなる   

 

池袋整体ゆっくりに来られるそんなお客様にわりと共通しているのが、疲労のため過ぎで感覚がマヒしてしまうこと。

 

疲れているカラダを疲れていると感じにくくなって、仕事に子育てに頑張ってしまわれます。

ママさんたちはご自分の身体や体調よりもお子さんを優先したりされるからか、けっこう酷い状態に感じられても

 

  • 「これくらいならまだ大丈夫なんです。もっとマズイときのカラダの感覚知ってますから」
  • 「周りのママは仕事しながら育児したり、睡眠時間も短いのがふつう。それに比べると私も今忙しすぎたりはしてません」

 

などお話しされます。

 

 

カフェでひとりコーヒーを飲む時間すらふだんは取れないこともある。

仕事が多忙で、時間がない。

飛行機で全国を飛び回っているので、分刻みで動いている。

 

そのような状況のときに整体を受けに来ることはハードルが上がりますよね。

それでも忙しい方ほど次回のご予約を取っていかれる傾向が高いです。

 

 

「空いたときにまた来ます」ではなくて。

時間は自分で作るものと考えて、整体のための時間をあらかじめ確保しておくのだそう。

 

くわえて整体院にくることは、自分ひとりになれる貴重な時間だったりするようです。

 

ホッと息がつけたり、おしゃべりしたり、疲れてるときは寝られるところ。

 

自分だけの場所にしたいから、他の人には秘密にしているという方がいます。

反対にご家族や会社の方に池袋整体ゆっくりを紹介してくれる方もいたり、お客様もいろいろで面白いです。


肩こりなどの痛みや疲労感があっても頑張り続ける人のあるある   

  • ためすぎた疲れに気づけなくなったまま仕事するので効率が悪くなる
  • 自覚しにくくても疲労した頭で考えたり、決めないといけないので判断力が鈍くなる
  • まとまらない頭で考えるのでイライラする・怒りっぽくなってるといわれた
  • 首が痛いし肩こりもしんどいが、最近ではどこが1番痛いかハッキリしなくなってきてる
  • 最近お腹の調子が良くない(男性だと下痢気味に、女性は便秘がちになることが多いようです)
  • 笑うことが少なくなったせいか顔がこわばる、顔がコワイといわれた

 

大きくまとめるとカラダや気持ちに余裕がなくなっちゃうということです。


整体効果を高める3つのこと   

 

衣・食・住の3つのなかには整体は入っていないため、優先順位としたら1段か2段下のほうかもしれません。

それだからこそ以下のことが大切になります。

 

  • セルフケアをしたり、頑張っている自分を労ってあげること
  • 疲労感を和らげるために早めに布団に入ること
  • 内臓を休ませること(ムリに食べないや食べすぎない、アルコールや甘いものを取りすぎないなど)

 

疲れてるときこそ「よくやってるね」と自分に労いの言葉をかけてあげる。

新年はそんな小さなことから始めてみるのも良さそうです。

 

 

それでは今日も平穏な1日でありますように