· 

危険な腰痛から身を守るために大切なこと

池袋発腰痛やぎっくり腰について大切なこと 池袋整体ゆっくり

2018年 5月

 

こんにちは

 

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

 

やろうやろうと思いつつやれなかったことを本日終えました。

18000文字ものボリュームのあった腰痛のページを3つに分けてリニューアルしたのです。

 

  • 腰痛(4つの原因)

 

の3部作。

 

3つのパートに分けたことでわかりやすさと読みやすさがアップしました!

 

それぞれのパートで特に強調したい内容がハッキリしたからです。

 

柱となるものがあってそこに『腰痛あるある』のような話や神経伝達をスムーズにすることの大切さだったり。

危険な腰痛のお話しなどが混じってます。

 

まったく同じ内容でなくところどころで加筆して微妙な修正を加えてますよ。

 

 

腰痛をテコ入れしないといけないと思ったのは、腰の痛みや重さ・繰り返すぎっくり腰や足のしびれなどに興味や関心を

持たざるをえないくらい現代で腰痛はメジャーなものだからです。

 

 

池袋で整体院を探している方のなかでも慢性的な腰痛でお困りの方は多いですね。

 

デスクワーカーの方や宅配や乗り物のドライバーの方・子育て中のお父さんお母さんなど。

 

病院で診断が出てなくても「太ももの裏側が痛いから坐骨神経痛だと思います」や「昔腰椎のあいだが少し狭くなっている

といわれたから腰が痛いのはそのせいかな」と感じている方もいて。

 

坐骨神経痛や脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)という言葉は腰に痛みや不安を抱えている方にとって

なじみのあるものでもあります。

 

なので他に原因があって腰痛が続いていたりしても疑うポイントとしてあげやすいのではと思うんです。

 

 

腰痛を考えるうえで大切なことは危険な腰痛かそうでないかを見極めること。

 

といってもこれは簡単ではありません。

 

簡易的なものですが以下を参考にしてみてください。

 

  • カラダを動かさなくても腰周りに強い痛みが続いている
  • 発熱を伴う腰痛である
  • 座っていたり立っていたり横になったりどの姿勢でも腰がとても辛い・痛い(ラクな姿勢がない)
  • 日を追うごとに腰痛の程度が強まってきている
  • おしっこやうんちの出る感覚がわかりにくくなってコントロールがしづらい(馬尾症候群)

 

痛みの程度は個人差が強いものです。

 

 

腰に痛みが強く出ていておかしくないような状態でも我慢できてしまう方もいるのですが

 

最後の赤字のものは要注意!

 

腰痛が出たのと同じ頃からそのようなことがあればこれはすぐ病院に行かれることをおすすめします。

 

 

馬尾は「ばび」と読みます。

 

背骨のなかを通る神経の束である脊髄が腰の高さで終わり、そこからは馬のしっぽのようにふさふさと枝分れした

神経が走っていて、そこに問題があると上記のような赤字のことが出たりします。

 

脚に力が入れにくい・脚の感覚が鈍いなどもそうですね。

 

これは血腫(出血したものが一か所で固まりこぶ状になったもの)や腫瘍(異常に増えた細胞のかたまり)

により神経がダメージを受けている可能性も考えられます。

 

 

腰痛といっても骨盤の関節である仙腸関節や腰仙関節が痛い方から、おしりの奥が痛い・腹巻をつけるラインが痛い

などそれぞれです。

 

痛みの原因も同じようなものでもそれぞれに違います。

 

呼吸がとてもしにくく、腰痛でしんどい。

さらにめまいもあってお辛い状態にあった方の原因は、骨盤ではなく肺に溜まった水(胸水)でした。

 

それを病院で抜いてもらったところとても楽になったそうです。

 

 

池袋の整体ゆっくりが大切に考えている胸郭。

 

そのなかにある肺は胸膜という膜でおおわれていて、そこに少量の水があります=胸水

 

何らかの原因でバランスが崩れたことで、通常一定量をキープしている胸水の量が増えてしまい肺を含めて

あちこちに影響が出ていたようなのです。

 

 

これに気づかずにまずは大腰筋を緩めようとか、骨盤に問題があることが多いから骨盤矯正で!

 

とかしてしまうととくに年配の方にとってかかる負荷は大きくなり危険ですよね。

 

 

この腰痛はなにかヤバい気がする。

 

 

そう感じるときはその直感を大切にまずは整形外科に行かれるのがおすすめです。

 

その辺りのことも腰痛(4つの原因)で触れています。

 

  • 「臆病だから生き残れた」
  • 「強いものは皆持っているその臆病さ」

 

宮本武蔵を描いた漫画『バガボンド』にあったと記憶しているセリフです。

 

武蔵や佐々木小次郎を評してのものだったような違うような・・・

 

 

最後に写真のアイスは腰痛とは関係ありません。

 

「危険」「大切」とタイトルにあってほのぼのしたアイスキャンディの写真が添えられていたらそのギャップで

読んでもらえる率が上がるかなと思ったので (^_^;)

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように