· 

骨盤矯正のセミナーに行ってきました

池袋の整体 肩こり腰痛骨盤矯正でおすすめの整体院

2017年11月

 

こんにちは。

豊島区の池袋にある整体

池袋整体ゆっくりのまつもとです。

 

整体セミナー風景の画像

 

先月いつもお世話になっている先生のセミナーに行ってきたのでちょっと前のことになりますが書いていきます。

 

テーマは骨盤です。

骨盤矯正をメインに骨盤の知識、見方を勉強してから施術のポイントを聞き、先生のデモンストレーションを終えてから各自ペアになり実技に入ります。

 

お店で1人でやっている先生、出張メインでやっている先生、雇われでやっている中で技術を高めようとしてる方。

会社員をやりつついずれ整体をやってみようと考えている方など。

 

メンバーはいろいろ。

だから面白いんですね。

 

  • 「質問はありますか?」

 

こういう場でこう聞かれると日本だとあまり率先して手をあげる人は少なく、欧米では手があがりまくるんですよ。

と別の講師の方から聞いたことがあります。

 

たしかにそうかも。

先日お客さまから会議の話を聞いたときのことを思い出す。

 

会議中は誰か意見ある人は?と言われても手をあげないけど、終わって廊下にでてしばらくするとそこからあーでもないと意見?が出始めるのだとか。

 

だったらそのとき言えばいいのにと。

 

 

質問ある人?といわれて質問できないとき。

 

  • こんなことを聞いたらバカだと思われるのでは?
  • できないと思われるのが恥ずかしい
  • 最初に手をあげるのがやりにくい

  

などいろんな理由があるかもしれません。

 

 

このときに筋膜(筋肉や内臓をつつんでカラダを支えたりするもの。筋膜が癒着したりよじれたりするとコリがでる。

それを緩めてコリを和らげるということで筋膜リリース、筋膜はがしの名前で有名になってます)について。

 

整体の経験がまだ浅い会社員の方から質問が出たとき。

僕ともう1人の先生がおおーっと反応しました。

 

この時に思ったのがどうして自分はそれを聞けなかったのかということ。

 

1 分かったつもりになってたから?

2 わからないことが分かってなかった?(1と同じ意味かも)

3 そんなこと聞いたら恥ずかしいと思った?

4 その辺りの説明を聞き流していた?

 

いろいろ思いついて1番かなと思いあたりました。

これがこわいなあ、と反省。

 

整体に関係する知識や技術だけを学ぶのではなく、学び方、学ぶ姿勢を学ぶことの大切さ。

 

なんか最後は早口言葉みたいになってしまったけど、そんなことにも気づかせてくれる時間や人とのつながりを大事にしていきたいです。

 

 

それでは今日もあなたにとって良い1日でありますように。