体調の波が大きい人に気をつけてほしいこと

体調不良、体調が悪い人が大切にしたいこと│池袋整体ゆっくり

2020年 3月                                                    

 

こんにちは

豊島区にある池袋整体ゆっくりのまつもとです。

 

新型コロナウイルスに伴う被害が大きく、不安や焦りが日々強まっている現状。

先週の週末は外出自粛要請が出され、報道によると街に人は少なかったようです。

 

個人的に取り組んでいることをご紹介します。

 

  • 駅や職場のあるマンションでは階段を使う (息苦しくないか・疲れやすくはないかの確認) 
  • 3種類のアロマオイルを嗅ぐ (嗅覚は正常かの確認)
  • 首やお腹を温める (免疫力を高めるため)
  • 信頼できる人の施術を定期的に受ける (上記と同じ)
  • 十分な時間と質の良い睡眠をとる (上記と同じ)
  • 朝・晩の検温 (平熱と比べてどうか・37度以上になってないかの確認)

 

何でも良いと思いますが、大切なのはいつもの状態や感覚を知ってること。

それがないと比べられないし、違和感に気づけなくなります。

 

なるべく同じ時間帯や条件で比べることも大切です。

 

可能なら日頃から身体をモニターしておけるといいですよね。

 


 

池袋整体ゆっくりは、安心感をもってもらえる心がけとして換気と衛生面に重点を置いてます。

 

現状に合わせて、キャンセルや予約の変更を引きつづき受けつけてます。

外出自粛要請が出された2020年3月の28日(土)・29日(日)は以下のような状況でした。

 

  • 職場から外出自粛命令が出された方々 ➡ 予約の変更
  • 安全のため自主的に外出を控えようとする方 ➡ キャンセル
  • 間近に迫った奥さんの出産をサポートする方 ➡ 当日来店
  • しばらく前から不調が続いていて辛くてどうしようもない方々 ➡ 当日来店

 

とくに体調の波が大きい方は、ふだんから身体へ気配りをしてほしいのです。

 

調子がいいと感じるとき。

しばらくそれが続くので大丈夫だと思っている。

 

ところが前兆なく翌朝からガクンと悪化。

不調モードに突入するとき。

 

体調が悪い時間も長くつづくことがあります。

 

悪くなってから、テニスボールでセルフケアをしても効果なし。

近所のお店でのほぐしで気持ち良さはあるものの、楽になったとは感じられない。

 

ツボ押しやヨガでのセルフケアが上手くいったときと体感としては同じくらいなど。

 

 

理想的なことをいえば、体調が良いように感じるときこそ注意が必要です。

 

気づかなくても身体が疲れているとき。

 

交感神経の緊張を高めて、動けるようにギアを一段上げる仕組みがあるからです。

テンションを上げて、疲れや辛さを感じにくくさせる麻痺モードともいえます。

 

本当に体調が良くて問題ないのか。

麻痺モードであるのか。

 

判断が難しいことがあります。

 


 

そんなときでも生活にリズムがあると安定につながります。

とくに不安や心配が強まり、メンタルが削られていく現状では。

 

そのために難しいことはありません。

必要な行動をなるべく同じ時間に、同じようにやるだけです。

 

一例として

 

  • 起床や就寝時間をなるべく一定にする
  • 朝晩の検温(体温計がある方は)
  • 適度に運動する(内容や時間もムリないように)
  • 決まった時間になにかをする(新聞や本を読む )
  • 決まった順番で掃除をする(トイレからはじめてキッチンで終わるなど)

 

僕は空き時間に筋トレ・施術関係の勉強・掃除・雑学知識を広げるなどするのが習慣になってます。

リズムがあると気持ちが落ちつくのでおすすめします。

 

それでは今日も平穏な1日でありますように

 

・ホーム

・肩甲骨はがし

・力が抜けない