· 

危険な腰痛から身を守るために大切なこと

危険な病気が隠れた腰痛│豊島区の池袋整体ゆっくり

2018年 5月

 

こんにちは

豊島区にある池袋整体ゆっくりのまつもとです。

 

 

腰痛を考えるうえで大切なのは、危険な腰痛かそうでないかを区別すること。

危険な腰痛の可能性があるものとして以下を参考にしてください。

 

  • 発熱を伴う腰痛である
  • どの姿勢でも腰が辛くて、ラクな姿勢がない
  • 日を追うごとに痛みが強まっている
  • おしっこやうんちの出る感覚がわかりにくい・コントロールがしづらい(馬尾症候群)

 

馬尾は「ばび」と読みます。

 

背骨のなかを通る神経の束である脊髄は、腰の高さで終わります。

そのさきは馬のしっぽのように枝分れした細い神経が走行。

 

このあたりに問題がある場合。

泌尿器系に影響が出たり、脚に力が入れにくい・脚の感覚が鈍くなる可能性があります。

 

また以下のもので神経がダメージを受けることもあります。

 

  • 血腫(出血したものが一か所で固まりこぶ状になったもの)
  • 腫瘍(異常に増えた細胞のかたまり)

 

呼吸がしづらく、重い腰痛でしんどいお客様の場合。

腰痛の原因は、骨盤の歪みや筋肉の硬化でなく肺に溜まった水(胸水)でした。

 

病院で水を抜いてもらうことで、楽になれたそうです。

肺は胸膜という膜でおおわれ、そこに少量の水があります。

 

一定量をキープしている胸水の量が増えてしまい、肺を含めてあちこちに影響が出ていたとのこと。

 

まずは大腰筋を緩めよう。

骨盤に問題があることが多いから骨盤矯正で!

 

が腰痛を悪化させる可能性もあります。

 

 

腰の痛みが増すだけでなく、熱が出る、楽な姿勢がないとき。

病院での検査をおすすめします。 

  

 

それでは今日も平穏な1日でありますように

 

 ・ホーム

・力が抜けない