池袋の整体 肩こり腰痛骨盤矯正 口コミで人気のお店 池袋整体ゆっくり

悠書のすすめ


悠書って何だろう?

皆さんは悠書(ゆうしょ)ってご存知でしょうか?

おそらく知らないのではと思われます。

 

なぜなら悠と書道を組み合わせて作ってみた言葉なので、おそらく存在してないものだからです。

 

「悠」の字はこんな使われ方をします。

 

  • 悠々自適(ゆうゆうじてき)・・・周りのことにわずらわされずに心静かに生活すること
  • 悠・・・心が清められてゆったりと落ちつく様子・気の長い様子・心が広いなど

 

また男の子の名前でも人気があるようですね。

 

池袋整体の「ゆっくり」と似ていて気になっていた漢字です。

 

 

ゆったりとした気分で丁寧にペンを動かして文字を書くこと

 

 

それを試みに「悠書」と名付けてみました。

わさび田の風景画像

写経のメリット

会社に行く前や仕事後にお寺に行って写経をする人が増えています。

 

静かな場所や時間の中で自分に向き合うと発見があったり、落ちついてきたりするからでしょうか。

日常の生活の中では得ることの難しいものを求めてのことかもしれません。

 

墨と筆で仏教の経文を書きうつすものの代表が写経です。

 

よく使われるのが有名な般若心経。

300字足らずのものですね。

 

写経のメリットとして数ある中で気になったものを2つ挙げてみます。

 

  • リラックスできる(ただ書くというシンプルなことに集中することで余計な考えごとがなくなってくる)
  • 字がうまくなる(手本を丁寧に写すことできれいな文字が書きやすくなる)

写経はやってみたいけどハードルが高いと思う方

昔のことですが京都1人旅で写経をしたことがあります。

 

  • 墨を擦って墨汁をつくるという普段やらないことから始める
  • ボールペンではなく使い慣れていない筆で手本を丁寧になぞることに集中する
  • 書き終わったら思ったよりも時間が経っていたことに気づく
  • 頭がスッキリしたような感じになる

 

そんな体験をしたような記憶があるのです。

 

 

頭に浮かんでは消えていく考え事は1日に数万ともいわれてます。

思ってなくても自動的に浮かんできてしまうのが雑念だとすれば、それらからつかの間離れられること。

 

そうすることで頭が休まり、気持ちも落ちついてくる。

 

 

お寺で行う写経が整体院に行くことだとすると、悠書はセルフケアにあたります。

 

 

お寺という特別な場所に行けなくても、般若心経の紙や墨がなくてもすぐにやれるのがメリットですね。

 

お手本をなぞらないので字がうまくなるかはわかりませんが。

 

より大切なリラックス効果はありそうですよ。

風情のある建物と緑青空の画像

写経の大切な1つの考え方を使ってみる

いろいろな効果を考えると般若心経を書き写すのが理想ですが。

同じことはできなくても丁寧にカラダを使って「いま・ここ」に集中することが大切だとしたら?

 

写経とはまったくの別物として、そのポイントだけを活かせないものかと思ったのです。

 

 

丁寧に・集中する・いまここなどです。

 

 

調子が良くないときは大抵気持ちがザワザワしてることが多いようです。

焦ったり不安になったりイライラしたりなど。

 

そんな時にいま目の前のことに集中するのは難しいですよね。

ゆっくり書けずにサラサラ~と書きなぐるようにしがち。

 

 

悠書の大切なポイントは2つです。

 

  • 落ちつかないときにでもやれること
  • 簡単なこと

 

やりにくかったり面倒だとやろうという気になりませんから。

気持ちが落ちつく湧水の画像

悠書のやり方

必要なもの

筆ペンでなくてもボールペン・鉛筆などで代用します。

場所

お寺に行かずともお家などでも可能です。

お手本

般若心経がないときは好きな歌の歌詞・気に入っている言葉や文章を代用します。

やり方

  • ペンを握る感覚に意識を向けます(普段は意識しないことです)
  • それをキープしたまま、なるべく丁寧に文字を書き写していきます(お手本とは別の紙に)

 

座禅で呼吸に集中するように、悠書ではペンを握っている手の感覚に意識を向けるのがコツです。

 

上手に書こうとか考えずに、今やっていることにひたすら集中する。

うまくいくと頭がスッキリしたり気持ちがリラックスしたりします。

 

 

落ちついたとかシャキッとしたなど感じられなくても大丈夫です。

 

いつもと違うパターンでカラダを使うことで、異なる刺激が入ります。

するとカラダの動かし方や感じ方に幅が広がるのですね。

 

 

いつもと同じカラダの使い方をしてることで不調があるとすれば、使い方を少し変えてみるのはいかがでしょうか

 

 

そんな悠書のすすめでした。

お寺のような造りの建物の画像
池袋整体ゆっくりの店内植物スマイルの缶の画像