· 

整体の施術中に寝てしまうお客様

整体の施術中に寝るお客様は疲れていることが多い丨豊島区の池袋整体ゆっくり

2022年 11月                                                    

 

こんにちは

豊島区にある池袋整体ゆっくりのまつもとです。

 

今回の内容は以下のもの。

 

  • 施術中に寝ちゃう方はけっこういること
  • 起きてるのと寝てるのどっちがいいとかはなさそうなこと
  • 強弱まぜた施術のやり方のご紹介など

 

リモートワークがメインになったお客さまが来店されました。

以前よりも池袋に出てくることが少なくなられてるので、お会いできると嬉しいですね。

 

 

お身体は以下のような様子でした。

 

  • たまに会社へ行く日は、いつもよりも起きる時間がだいぶ早くなる
  • 座りっぱなしが長いので首肩が痛かったり腰痛になる
  • 家から出ることが少なく運動不足のため、たまに歩くと疲れやすい
  • 日々の仕事での脳疲労ストレスがたまっている
  • マウス操作による指の疲労度が強く、痛みだけでなくチクチクした感覚が消えない(とくに人指し指)
  • 手をグーパーするのがしんどい・力が入れにくい
  • 頭に血液が回っていないような気がしている
  • 生活のリズムが不規則になっている
  • 寝ても疲れがとれない
  • ゆっくりする時間がない

 

ふだんはお話好きな方なので、わりと施術最後までお喋りされることが多いのですが。

この日は疲れのためか仰向けの施術を開始して数分後に寝てしまわれました。

 

相当お疲れなのでしょう。

必要最小限の声かけをのぞいて、こちらから話かけることはしません。

 

腕がベッドから落ちないように椅子と枕でサポート体制をつくります。

うつ伏せが苦手なのと疲れた身体の姿勢をなるべく変えなくてもいいようにしたい。

 

そのための仰向けの姿勢です。

 

 

ガチガチに強張っている利き腕の人指し指の第一関節の部分。

ここにソフトな圧をかけて柔軟性が戻ってくるように整体をスタート。

 

この方の場合、マストになる施術です。

 

ほかの指も状態を見ながら必要な場所に施術しつつ、次は手首の調整へ。

手ぬぐいをあてたお客さまの手をつつむようにして、腕の力みや緊張を和らげていきます。

 

状態をセッティングしたらしばらくそのままで。

 

一見なにもしてないように見える整体。

それには揉みほぐしとは違う効果があるので、強弱または深浅の圧を組み合わせています。

 

ソフトな手技であるボウエンテクニックとも違った、池袋整体ゆっくりのやり方のひとつです。

 

 

背骨や肩甲骨のまわりは軽めに刺激を入れながら、腕は皮膚を滑らすようにしてほぐしていきます。

(これはお客さまの希望と好みにあわせたものです)

 

頭のストレスや緊張が緩むように、おでこにボウエンテクニックの手技を使用。

そのまま頭に軽く手を添えてリラックスを促していく。

 

途中寝息の状態が変わることがありながら、この日は最後まで眠られてました。

 

このように池袋整体ゆっくりでは施術の始めから最後まで寝ている方も多いです。

眠らないまでも目は閉じて、静かに過ごしたい方も同じ。

 

お疲れの様子のときは、こちらから必要以上に声をかけることはありません。

慣れた方だと「今日は疲れてるんで寝ちゃうかも」「今日は寝ますね」とお声をかけてもらう場合もありますし。

 

「今日疲れてるから寝るね~」の数分後に「先生そういえばさ・・」とお話が始まることもあります(笑)

 

 

眠っちゃうと気持ち良さが味わえないからもったいない。

これはどこでも聞かれることですね。

 

個人的には施術中は起きてるのと寝てるのどっちが正解とか。

良い悪いというものはないのかなと。

 

ボウエンテクニックの場合は完全には眠らずに。

ウトウトしつつもまわりの音は小さく聞こえている状態が良いとされてますが。

 

完全にグーグー寝てい(るように見え)ても「寝てないよ、起きてたよ。外の音聞こえてたから」

という場合もあったり。

 

整体院でのお客さまの過ごし方やあり方はいろいろだなあ、と日々感じてます。

 

【関連記事】

『初めての整体院は疲れるので会話は最小限が理想のお客様』

 

 

職場やお家とは違う居場所である池袋整体ゆっくり。

皆さんにリラックスしてもらえる空間づくりを大切にしています。

 

茶色のタオルでベッドを覆うのはコロナになってやめましたが。(消毒しやすく清潔感があるとかなり好評です)

観葉植物がいくつも元気に育っている様子。

 

整理整頓された室内。

日当たりの良さを活かした白と茶色を基調にした雰囲気づくりなど。

 

ささやかに力をいれてます。

 

施術効果を最大限に発揮するため、自分が心地よく感じる空間にいたい。

それも理由です。

 

 

今日も平穏な1日でありますように