自然治癒力を高めるための日常生活の過ごし方

自然治癒力・免疫力・恒常性(ホメオスタシス)を高める 池袋整体ゆっくり

2019年 11月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

 

 

宇宙やカラダの仕組み・自然治癒力・野球などのお話しが好きなお客様。

 

過去に大きな病気をされて、強い痛みやしびれに悩んだ時期もある方です。

そういうことがあって、「痛みってなんだろう?」「自然治癒力ってなんだろな?」と考えるようになったそうです。

 

自然治癒力は、回復力や恒常性(ホメオスタシス)とも呼ばれますが、今回はそれらについての内容になります。

 

 

「痛くなると健康をありがたがり、痛みがなくなるとありがたみを忘れる」

 

僕も松本さんも多くの人がそうだと思うんだけどさ、これはなんでなんだと考えてみたんだよね。

(以下お客様の話を覚えてる範囲でまとめてみました)

 

 

痛みがあると不快でしょ。

たとえば腕が痛いと、腕の痛みが気になる。

 

腕に意識がいくけれど、見方を変えればそこ以外身体はうまく働いてくれているということ。

これって実はすごいことなんだけど、それを有り難いとは思わない。

 

問題ないのが当たりまえと考えているから。

 

 

気持ちよい(快)・悪い(不快)のどちらでもない当たりまえである『普通の状態』に、もう少し関心を持った方がいいんじゃないかと思うんだ。

 

刺激が多い世の中にあって、普通っていうのは退屈・平凡に思えるかもしれないことだけど実は有り難いことなんだよね。

 

 

年齢とともに体力は落ちていくし、軟骨がすり減ったり、骨ももろくなっていくとは思うよ。

20代のときのような無茶は効かないし、疲れもとれにくくなっている。

 

ある程度の年齢になるとどこかおかしいところや不具合があるのは自然なことなんだろう。

 

それでも年相応に動けている現状があるのは、身体がきちんと機能してくれているということ。

そこによくわからないけど生命の凄さがあるわけ。

 

本人の意志と関係なく働いてくれている免疫系や自律神経系とか、そんなに詳しいことはわからないけれど不思議だよね。

 

 

『普通の状態』に関心を持つっていうのは、自分の身体に対して「不思議だなとか凄いな」って感じる力があるかどうかかもしれない。

 

瞑想や座禅で自分の内側へ意識を向けるのもいいだろうけど。

もっと簡単にできるのは、自分の身体がもつ凄さを信じてあげること。

 

自然治癒力っていう身体に備わっているものの働きを邪魔しないこと。

そのためには疲れや異常を感じられる身体になることや、体調悪いと思ったら早めに休むことが大事だよね。

 

 

朝起きたときに「ああ今日も無事に目が覚めた。有り難いなあ」と毎日感じてるよ。

昔はそうでもなかったけど、この歳になるといろんなことが有り難く感じるんだよな・・・

 

 

このあと宇宙や地球の成り立ちの話になったような気もしますが、今回はこのへんで。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように