腰痛にいろいろある痛みと感覚

池袋の整体 腰痛ぎっくり腰坐骨神経痛

 

2018年 9月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

 

腰痛ページの作業がすすみ、16000文字(誰が読むんだ?)が6000字弱にまとまりました。

腰痛(4つの施術ポイント)腰痛(筋膜と関節)などと長いので3つに分けてたものが「腰痛」1つになってスッキリ!

 

読まれるページ作りについていろんな案を頂いたりしてお客様にも応援してもらってます。

 

腰痛というと「魔女の一撃」という定番の表現があるぎっくり腰の強い痛み。

 

今まで普通にやれていたことが急にできなくなる心もとなさを感じたりします。

そもそも腰痛でお悩みのお客様はどのような痛みを感じられているのか、お聞きした声を簡単にご紹介します。

 

  • 定期的に腰にくるズーンという痛み
  • 腰の周りでピキっと何かが切れるような痛み
  • 継続的に腰が重だるい痛み
  • 立ってても、座っててもじっとしていられない神経痛のような痛み
  • 腰全体がパンパンに張ってしまって身動きが取れないピりっとした痛み
  • 刺すような痛み・電気が走るような痛み 
  • 生理痛をさらに重くしたような痛み

 

感覚としては「骨がずれるような」「コリコリとしこりを感じる」になります。

これだけのものを含んでいるのが腰痛というワードです。

 

痛みがあるか?ないか?でいうとまだ「ある」になっても、施術を継続して受けてもらうことでこれらの感覚の程度や頻度が変わってきます。

 

日によっては気にならなかったり、意識しないと痛みを忘れている時間が増えていくようです。

 

昔に受けたMRIの画像検査でヘルニアが原因といわれたことがあっても、それが必ずしも痛みにつながらないこと。

痛みがない人の画像にもヘルニアの兆候がみられることは今では知られていることです。

 

「〇〇だからダメなんだ」よりも「〇〇でも大丈夫そうだ」と思ってもらえるような施術を大切にしています。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように