· 

肩こりや腰痛の原因と対策 ストレスを減らす

池袋の整体 肩こり腰痛の原因と対策 ストレスを減らす

2018年 8月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

観葉植物の画像

カラダとココロはつながっていると昔からいわれます。

 

病は気からとも。 

 

メンタル面で疲れていたり弱っていたりするときはカラダにも不調がでやすくなります。

また肩こりや腰痛で辛いときには前向きに考えたりするのは難しかったりします。

 

健康情報番組によって危険な肩こりも知られているので、なかなかとれないこの肩こりは脳梗塞や心筋梗塞

ではないよな?

 

と不安になることもあるでしょう。

 

肩が辛いというだけでなく眼精疲労や耳鳴りがある人もいますし、不調が続くと不眠気味になったりもします。

 

 

今回の内容である「ストレスを減らす」というのは仕事の量を調整するとかお寺で瞑想するとかではなくて、

デスクワークをしてる合間にできることをしてみませんか?

 

ということです。

 

 

その1としては同じ姿勢を続けないこと。

 

首こり・肩こりで有名な僧帽筋をはじめとする筋肉が苦しくならないようにするのが大切なので

40~50分に一回は肩を持ち上げてストンと下げてみたり。

 

腕をうしろに引いて指をめいっぱい広げてストレッチしてみたりするのがおすすめです。

 

可能なら1時間に1度は席をはずして歩いたりできればイスに圧迫されていたおしりのストレスが減るし、

ふくらはぎのポンプ作用が働くことで足のむくみや疲労にも効果的です。

 

 

その2としては活動を停止する。

 

簡単なのは目をつぶって腕を机からおろして両手をお腹の辺りに触れたまま30秒程じっとして動かない

ようにします。

腕を垂らしたままでもオッケーです。

 

デスクワークの方へでも触れてますが、画面を見続けていたり指を動かし続けていると情報が脳に入りすぎる

ので脳が疲れるんですね。

その脳疲労を和らげ、脳に入るストレスを減らすのが狙いです。

 

30分に1度くらいできるとカラダにかかる負担が減ってくるので肩こりや腰痛の具合が違ってくる

かもしれません。

 

机では周りの目が気になるという人はお手洗いなどで個室に入ったときが良さそうです。

 

 

会社にいるあいだにつくられる首肩のこりや腰の重さをなるべくその日のうちに軽くするための工夫。

これからも考えていきたいものですね。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように