· 

腰痛やぎっくり腰への整体セミナーのお話

池袋発 腰痛やぎっくり腰の整体セミナーで学ぶ 池袋の整体ゆっくり

 

2018年 7月

 

こんにちは

 

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

 

今回は池袋から離れたところで行われている整体セミナーのお話。(けっこう長めです)

 

参加者のみんながこんなふうに勉強しているよ。

和気あいあいながら真面目にやっている雰囲気などが伝わってほしいなあという内容です。

 

 

腰痛やぎっくり腰でお困りの人に多くみられるのがハムストリングの硬さ。

 

腰痛の方はもちろん腰周りも硬くなるのですが、太ももの裏側がカチカチなんですね。

ハムストリングというのは人間の下肢の後ろ側をつくっている3つの筋肉の総称です。

 

 

カラダをうまく使えればというのが前提になりますが。

 

大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋と呼ばれる筋肉が太ももの後ろにあって、歩くときや走るときにアクセルの働きをしているんです。

 

 

一般的にはハムストリングは膝を曲げる働きをするからうつ伏せになって踵をおしりに引きつけるような運動がいいとされます。

 

ただうつ伏せのトレーニングで鍛えた筋肉を立った状態のときに使えるかは別の問題。

 

スピードのある世界のプロのサッカー選手はハムストリングが鍛えられていてしっかりと使えている。

そうでない選手はブレーキをかける働きをする太ももの前側の筋肉(大腿四頭筋)を使いすぎてしまうといわれます。

 

・・・ということは整体セミナーとはまた違った話になってしまうので話を戻します。

 

 

今回の学習のポイントは、太ももの裏の筋肉を整えることで腰痛・ぎっくり腰を整体していこうというもの。

腰が痛い・重いのに腰でなく脚からというのがポイントです。

 

ぎっくり腰を繰り返したり、座っていると腰が辛くなるなど腰痛にお悩みの方は多いですね。

 

整体を受けてもあまり腰の具合が変わらないときには、ハムストリングをしっかり調整してもらうのがおすすめですよ。

 

 

太ももの後ろにある筋肉のハムストリングは、デスクワークや車の運転などが続く座った姿勢で「延々とかためられていくから深い層に固まりが出やすい」ということから始まって、ふつうにほぐすのでは歯が立たないところなんです。

 

そこで手の訓練が必要になり、指の強度にくわえてほぐす技術が必要になるということに説明がつながっていきました。

 

 

講師である宮崎先生がめずらしく苦戦したという腰痛のお客様の話を参考にしながら、参加者のみんなであれこれ意見を出しての質問タイム。

 

メンバーは独立開業している整体師の先生方や鍼灸の先生・他みなさん整体業にかかわっています。

 

 

 

ふだんの整体セミナーのときにも参加者の施術ケースが話題にでて、それを共有するということがあります。

技術を学ぶということだけにとどまらないのがこのセミナーのいいところ。

 

座学と実技の訓練の時間配分もバランスがよくて、頭をフル稼働させて疲れを感じ始めたところでいい具合に休憩が入ります(笑)

 

待合室にあるお客様用のお菓子をつまませてもらいながら、ふだん会えない整体の先生方とおしゃべりをするのもいい気分転換ですし。

 

池袋を離れてわざわざ参加するのには理由があるんですね。

 

 

自分の施術ケースだけしか知らないと良くも悪くもそれがすべてになってしまいます。

 

  • 「あの酷かったぎっくり腰が1度で楽になった!」
  • 「すごい!」
  • 「今まで受けた整体のなかで1番良かった!」

 

対応しやすいレベルの症状の人だけを集めて整体しているからいい結果が出ている。

整体師として気分もいいし、自信につながる。

 

 

それもひとつのあり方ですが、対応できるかなんともいえない難しい症状を抱えた人になんとか食らいついて頭をフル稼働させていくなかで次第に見えてくる回復の兆しのようなもの。

 

兆しというには心もとないような『それ』すら他の整体院では感じられなかったことからしばらく池袋に通ってみようということになって。

 

毎回の施術のなかでそれが少しずつ積み重なっていったある日。

気づくと首肩の強い痛みや不調が和らいだといえるレベルに変わっていた。

 

 

カラダが辛いので不機嫌になられることもあるなかで、着実にカラダが変わっていくことを見せてもらえることがあります。

 

そういった経験に触れることができると「カラダの持つ可能性」、よくいわれる言葉だと自然治癒力というものが感じられるんですね。

 

人間のカラダってすごいなあという驚きや不思議がまじったような気持ち。

 

 

思い通りにならない自然のものであるカラダに対して整体の仕事をしてきたこの14年間どう向き合ってこれただろう?

 

これからもどんなふうに向き合っていけるのかな?

 

そんなことを考えさせられたある日の整体セミナーの帰り道でした。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように