· 

肩こりや腰痛・膝が痛いのは筋力が弱いから?

池袋の整体 腰痛や肩こり膝の痛みは筋力が弱いからか

2018年 6月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体ゆっくりのまつもとです。

筋力と関係する話のためのジャイアンの画像

 

筋力があるということで写真に載せてみたのが力自慢のこの人。

 

歌にもパワーがあり過ぎて周りを大変な目に合わせることもあるけれど、いざというときに頼りになる存在ですね。

筋トレをやるのは大切だけれどやり方も大切で、言葉の使い方も大切なんじゃないかなというのが今回の内容です。

 

 

肩こり腰痛だけでなく膝が痛む方が増えています。

 

変形性膝関節症という膝にある軟骨部分がすり減って痛みを出すというのが膝では有名ですが。

 

そこまでいかなくても階段を降りるのがしんどい・膝の曲げ伸ばしがしにくいなど膝の違和感や痛みでお悩みの方に多い整形外科あるある・整体あるあるをご紹介します。

 

それは病院や整形外科または接骨院や整体院などお店はなんでもいいのですが、膝が痛くて行ったときにこう言われたというケース。

 

  • 痛みの原因は太ももの筋肉が弱いからというもの。

 

たしかに加齢により筋肉は落ちやすくなります。

 

それも下半身から。

 

そこで少なくなって弱くなった太ももの筋肉を強くするトレーニングをしましょう。

という流れになることが多いようです。

 

池袋の整体ゆっくりでは肩こり腰痛以外にも坐骨神経痛や股関節・膝の痛みなどでお悩みの方がいます。

 

整形外科をはじめテレビの健康番組の情報などでもトレーニングをしなさいといわれたというのはよく聞くものなんですね。

 

座った状態で足首に重りをつけたまま膝の曲げ伸ばしを繰り返すことを勧められた方がかえって膝を痛くしてしまったこともあるので膝のトレーニングは注意が必要です。

 

 

単純に膝を曲げ伸ばしすることで鍛えられるのは大腿四頭筋という太ももの前側の部分。

ハムストリングという後ろ側や内転筋という大切な内側の筋肉はトレーニングしにくいことが多いのです。

 

加えて「太ももの筋肉が弱いのが原因」といわれるとなんとなくですが、自分なら複雑な気持ちになるかも。

 

  • 弱いといわれて面白い気分になる人は少ないから

 

「自分の弱さを見つめる」とか「弱い自分に向き合う」といった意味での「弱さ」から目をそむけないことは大切ですが、こういった場合は弱いというよりも使いにくい状態だったりするんです。

 

膝の関節だけでなく足首や股関節の関節がうまく働きにくくなっていることが多いので、筋肉はあるけれども力を出しにくくなっている。

 

そんなふうに理解しています。

 

そのようにお伝えしたら

 

  • 「そうか弱いんじゃないんだ。現状では筋肉が使いにくいというだけなんですね」

 

とカラダを整えることに対して少し前向きになられた方がいました。

 

弱いという言葉だと自分の努力が足りないから自分でなんとかしないとと思いがちですが、使いにくい状態という表現であるなら

 

  • 使いやすくなるように工夫してみよう!
  • ひとりで難しければ整体でサポートしてもらってもいいな

 

こんな具合に少しかもしれないですが余裕が生まれるように感じてます。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように