『疲れすぎの方へ』 その1とその2が完成しました

池袋の整体 疲れすぎ・疲れがとれない方におすすめ 池袋整体ゆっくり

2018年 5月

 

こんにちは

池袋の整体ゆっくりのまつもとです。

 

前回のブログでお伝えしていた「疲れすぎて何もしたくない」「仕事の疲れでめまいがしてる」「ストレスで仕事を辞めたい」

などでお困りの方から実際に以前お話を聞いたことを取り入れた独立記事が完成しました。

 

『疲れすぎの方へ』です。

 

この先もまめに変更を加えて行く予定です。

 

 

前者では日常的にストレスを抱えている方や月曜日だけでなく木曜日まで憂鬱という方。

 

会社に着いてしばらくしたら蕁麻疹が出てこんなに仕事に行くのが嫌だったんだとビックリした方。

 

もしかするとご自分でも思い当たることがあったり、あなたの周りにもいるかもしれませんね。

 

40代になって体力が落ちたと感じてる方は多いです。

 

体力をつけないというので仕事で疲れたカラダを奮い立たせジムで筋トレしたり、ヨガに行ったり。

 

ジムに行くことで気分が良くなる、カラダがスッキリする、体調が良いと感じる。

さらにそこにいるのが楽しい、行くのが楽しみなら続けていただきたいです。

 

 

また適度にカラダを動かして体重が減ることで膝の痛みが和らいだり、腰痛が少しマシになる方もいますし

意外に体重はあなどれません。

 

なによりもストレスや疲れを感じている職場を離れ、ホッとひと息つける場所が見つかると安心感がありますよね。

 

30代後半くらいから筋力が弱くなってきたとか徹夜がしにくくなったなど。

 

以前ならやれてたことがしにくくなっていることに体力の衰えを感じる方もいます。

 

気力でカバーしようとしてもその気力が出にくくなっているのが現状です。

 

『病(やまい)は気から』という言葉にあるように気のもちようで体調は変わりますが、振り絞って出した気力で

さまざまな体調不良をなんとかしのげたとしてもそのツケは必ず払わないといけなくなります。

 

それが休日になったとたんに何もできなくなったり、張りつめていた緊張が解けた瞬間に電池が切れたように

ガクッとなって動きたくなくなる傾向が強いようです。

 

仕事のストレスや疲労で体調が悪化しても会社は守ってくれません。

 

大きく体調を崩す前にカラダのケアをしたり、軽めの断食で内臓をいたわってあげたり、夜いつもよりも早めに

布団に入るようにして、症状が悪化する前に早目の対策がしたいものですね。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように