· 

肩こり・腰痛・ぎっくり腰の整体セミナーに参加しました その5

2018年 4月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体

 

池袋の整体ゆっくりのまつもとです。

爪切りとスマイルバッチの画像

今回は軌道修正の必要性・極端にならないこと・整体を仕事にするうえで続けてきている

小さなことを前半でまじめな感じに紹介してます。

 

後半は、手技の勉強だけでなく心構え・気配り的なものの大切さにも改めて気づかされてます

という内容の整体セミナーのお話しです。

 

 

整体セミナーのときにやる気のテンション上がって、満足して終わりならもったいないですよね。

 

そんな自己満足にならないように整体に限らないことかもしれませんが、日々の軌道修正が大切だと感じてます。

 

けっこうやれているのにこれじゃ全然ダメだという完璧主義だと疲れますし。

 

実際よりもできていると過大評価しすぎるのも良くなさそうです。

 

その辺りのバランスを取るのが難しいところなのですが、一言でいうなら極端にならないこと。

 

バランスのいい人というのはこれに尽きるのではないかなと。

  

 

非常に小さいことですが、昔整体の学校で習ったことで覚えていることがあります。

 

 

「整体の仕事がある当日に爪は切らない」

 

 

というものです。

 

なんじゃそれ!細けえ~と思う方もいるかもしれませんが(笑)

 

手が大切な整体という職業を続けていくなら、細かいことだけど気をつけていきましょうというお話しでした。

爪を切った指先の感覚になじむまでに時間がかかるという理由だったような。

 

些細なことかもしれませんが、当時から現在に至るまでこの教えを大切にしています。

 

1週間ならできても6ヶ月は難しいでしょうし、1年や3年、10年以上ならなおさらのこと。

 

整体の勉強と同じく、着実に続けられていることがあると自信になるので当時の先生に感謝ですね。

 

 

池袋を離れたところで現在学んでいるこのセミナーでも、整体の考え方やテクニック・解剖学的知識において

知らないことがあって勉強になります。

 

 

「整体院に来てくれるお客様・患者さんへどう接するとお互いが気持ちよく過ごせるだろう?」

 

「整体の技術以外に大切なことも多いから、(いろいろ話してきた)そういうのも大事にしていきましょうね」

 

 

という講師の宮崎先生の言葉から改めていろんなことに気づけたりもする時間。

(メンバーが不定の単発で開催の整体セミナーだと難しいことです)

 

それだけでなく、当日に爪を切らない的な整体を仕事にするうえで小さなことにみえるけど大切なことの発見もあります。

 

 

それ知ってるから。

 

やってるからという姿勢では学びにならず幅も広がらず発見もなさそうです。

 

整体セミナーに限らず、そんなのやれてるよと思う自分から少し距離を置いてみる。

 

そうして自分を眺めてみると気づけることも増えていきそうですし、同じ時間過ごすならこっちのほうがいいな~など感じてます。

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように