· 

肩こり・腰痛・ぎっくり腰の整体セミナーに参加しました その3

池袋で整体 肩こり・腰痛・ぎっくり腰・手足のしびれ 池袋整体ゆっくり

2018年 3月

 

こんにちは

豊島区の池袋にある整体

 

池袋整体ゆっくりのまつもとです。

整体セミナー風景の画像

火曜の雨が降る肌寒い日。

 

池袋を離れ、整体のセミナーで今月も学んできましたよ。

 

内容は前回と同じく腰痛やぎっくり腰・肩こりにも関係のある股関節の施術がメインでした。

 

股関節は太極拳や空手、社交ダンスなどされてる方は大切にしている部位ですね。

 

股関節に柔軟性がないことで骨盤や腰に負担のしわ寄せがくることがあるし、やみくもにスクワットをして

鍛えられるのは太ももの前側の大腿四頭筋だったりします。

 

弱くなりがちな太ももの内側の筋肉である内転筋はトレーニングがやりにくい(使いやすい太ももの前を優先的に

使うため)ので開発がしにくいと日々お客様のお話しからも感じてます。

 

 

股関節の実技に入る前に講師である宮崎先生が普段どのように質問票(名前や症状など書いてもらうもの)を

管理しているのか。

どういったことを気をつけているかなど。

 

細かく教えてもらえました。

 

こういったことを聞ける機会は少ないと思うので貴重な時間でした。

 

患者さんのお身体の状態だったり、施術後の過ごし方についてひと言でいうと

 

 

いかに初めての方にわかりやすく伝えられるか?

 

 

激しい運動やアルコールを控えたり、水を多めに飲んでほしいことを理解してもらいやすい

よう表現に工夫されているのです。

 

話した=伝えたでなく、伝わっているかどうかが大切だということなんですね。

 

来院される方の理由もそれぞれ違うので、一人ひとりに合うように「こんな具合にやっていけるといいと思いますよ」

という上手な提案の仕方も必要です。

 

どれくらいのペースで整体に通えばいいのか、何回か整体を受けることでどんな状態になっていけるのかなど。

 

分かりやすいイラストなどを参加者全員にプレゼントしてくれる嬉しいオマケつきの整体セミナーでした (^_^)

 

 

何人かのスタッフさんでやっているお店(整体院に限らず)だと1人のお客様の情報を共有するのが難しくなります。

同じ質問を毎回違うスタッフさんから聞かれたとしたら、会話が面倒に感じてしまうこともあるというお話しもありました。

 

お休みはいつ?何の仕事してるんですか?など。

 

どんなことを喋ったか、印象に残ったことなどをメモで残しておくようにするといいですよというアドバイスがやはり

大切だと感じます。

 

小さなことなんですが、そういったことの積み重ねが3カ月、半年先の自分につながるわけですし。

 

 

やれているという思い込みから離れて、自分はどうかな?ともう1度確認するきっかけをもらえました。

 

 

1人でやっていると良くも悪くも、自分のやりたいようにやりがちなので注意が必要だなと。

 

上手く突きつめていけるとそれが強みにもなるし、偏りが強すぎることでマイナスに働くこともあるでしょう。

 

参加者の先生達からのお話しを聞くことで、周りが見えてくることがあるので参考になることも多いです。

 

 

腰痛やぎっくり腰に対してどんなことが有効かなどについてほとんど書けませんでしたので、近々その4で

続きを書いていきます。 

 

 

それではあなたにとって今日も良い1日でありますように