· 

骨盤矯正のセミナーに行ってきました2

池袋の整体師 腰痛ぎっくり腰骨盤矯正のセミナーへ その2

2017年11月

 

こんにちは。

豊島区の池袋にある整体

池袋整体ゆっくりのまつもとです。

 

1度では骨盤セミナーのことを書ききれなかったので続きです。

 

前回の帰り道にこんなことを感じました。

 

骨に対してのイメージや感覚が少ない方にはこんなふうになってるんですよ、とご自分の骨に触ってもらったり

するのも必要かも。

肺の大きさを実際より小さく考えている人もいるし。

 

できるなら映像や本でもいいのでそれを見ながら、自分のカラダはこんなふうになっているのだなと

骨や筋肉を触れてみる。

そんなことをお家でもやってもらえるといいなあ。

 

腕を動かすときにも肩の付け根でなく、鎖骨からとか話すより「デコルテのとこが」って言うほうが女性には

伝わりやすいかもしれないなど。

 

忘れていましたが、書いているうちに思い出してくるから記憶って不思議です。

 

 

ありがたいことにこちらには半年前からお世話になってます。

骨盤矯正から始まって腰や肩、背骨などしっかり圧をかけて調整するものから弱い圧で整えていくものまで

いろいろと教わってきました。

 

そしてまた骨盤を復習&新しいことを学びはじめてます。

 

大事なことだからでしょう、セミナーで先生が毎回言われることが。

 

それは一度習っただけでは、理解と習得が難しいので習ったら次の日にでも臨床で使いまくってください

というもの。

 

一度習って満足してしまうのはできた気になってるだけなので注意ですね。

 

 

座った状態で骨盤に触れて調整するやり方のときには、手や腕だけでなく体幹から動かせているか。

そんな大切なことも思い出させてもらえるし、コツも教えていただけます。

 

弱い圧のときには触れてる両手に左右差がないか。

意識できないまま左右差のある圧(狙ってやる場合でなく)を入れてしまうとカラダに負荷がかかって

しまいますので。

 

また骨盤の真ん中にある三角の骨、仙骨。

ここを細かく、こういう角度で押しますと話されたときは、そういう風にやったことなかったな。

 

骨盤をおおうお尻の筋肉を肘で押すのも狙っているのはもっと奥の内臓だったりという気づきがあったり。

反対の手は「濡れタオルを置くみたいにここに手をのせて」など例えもわかりやすいのが嬉しいです。

 

圧をかけて抜く。

 

このとてもシンプルな作業の中にいくつもの手順があって、それをどれくらいしっかりとやれているのか。

 

施術力の差はどれだけいろんな技術を知っているかよりも、基本的なことの積み重ねがどれくらいあるのか

で違ってくるのでしょう。

 

これをやったら何かがすぐ変わる、短時間でという大技を期待しがちなのですが、

 

地道に基礎を繰り返す

 

ここに惹かれて皆さん参加しているのかも。

 

また来週あるので頑張ります~

今度は練習風景の写真を撮ってこよう。

 

 

それでは今日もあなたにとって良い1日でありますように

 

骨盤矯正セミナー風景の写真